【東京モーターショー2003】「解説!笹目二朗:クライスラー/ジープ篇」

2003.10.27 自動車ニュース
 

【東京モーターショー2003】「解説!笹目二朗:クライスラー/ジープ篇」

自動車ジャーナリストの笹目二朗が「東京モーターショー」の出展車を鋭く斬る「解説!笹目二朗」。クライスラー/ジープからは、アメリカらしい大排気量セダン「300Cツーリング・コンセプト」をチョイス。


2003年のニューヨークショーに出展された「300C」のワゴンバージョン。クラシカルなデザインのボディは、全長×全幅×全高=4999×1881×1483mm、ホイールベースは3048mmという堂々とした体躯だ。エンジンは、5.7リッターV8の新型「HEMI」を搭載。ワゴンは4WD、セダンは後輪駆動となる。
【スペック】
全長×全幅×全高=4999×1881×1483mm/ホイールベース=3048mm/駆動方式=4WD/5.7リッターV8
 

■アメ車お得意の……

展示された「300Cツーリング・コンセプト」はワゴンだが、日本仕様はセダンが用意されるらしい。ダッジ・ラムなどでお馴染みの、5.7リッターV8「ヘミ」エンジンを積む、FRベースの4輪駆動となる見込みだ。大排気量セダンはもともとアメリカ車の得意とするところ。ドイツ車なんかに負けちゃいられないっ! ……という感じもするが、「クロスファイア」同様、ドイツ製パーツも使われるようだ。

(文=笹目二朗/写真=峰昌宏)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • クライスラー 300C 5.7 HEMI(5AT)【試乗記】 2005.10.7 試乗記 クライスラー 300C 5.7 HEMI(5AT)
    ……598万5000円

    クライスラーが誇る5.7リッターV8OHVエンジン「HEMI」を搭載するサルーン「300C 5.7 HEMI」。なにもがデカく、誇らしげなアメリカンサルーンは、旧来のアメ車とはひと味違うらしい。


  • クライスラー300C 5.7 HEMI(FR/5AT)【試乗記】 2005.2.28 試乗記 クライスラー300C 5.7 HEMI(FR/5AT)
    ……567万円

    二玄社編集顧問大川悠が昨年試乗したクルマの中で、いちばん強い印象を受けたのが「クライスラー300C」だった。「新開発のOHV」を心臓に持ち、メルセデス・ベンツのコンポーネントを流用するモデルの魅力は、デザインによるところも大きかった。


  • ボルボV90 T6 AWD インスクリプション/S90 T6 AWD インスクリプション【試乗記】 2017.2.22 試乗記 ボルボのラインナップに、新たなフラッグシップモデル「V90」「S90」が登場。新世代プラットフォームや、2つの過給機を持つエンジンがもたらす走りの質を、試乗して確かめた。
  • 第30回 実は激動のディーゼルワールド 2017.2.21 エッセイ 清水草一の話題の連載。第30回は「実は激動のディーゼルワールド」。カーマニアとして、欧州ディーゼルのめざましい進化に注目する筆者が、太鼓判を押すモデルとは? 日本で買える300万円未満のモデルをピックアップ。
  • 第29回 ディーゼルはまだ死なず! 2017.2.14 エッセイ 清水草一の話題の連載。第29回は「ディーゼルはまだ死なず!」。4気筒ディーゼルエンジンに快音はあるのか!? をテーマにお届けしている当連載。取材を続ける筆者が輸入車試乗会で出会った快音ディーゼル車とは?
ホームへ戻る