【東京モーターショー2003】「解説!笹目二朗:クライスラー/ジープ篇」

2003.10.27 自動車ニュース
 

【東京モーターショー2003】「解説!笹目二朗:クライスラー/ジープ篇」

自動車ジャーナリストの笹目二朗が「東京モーターショー」の出展車を鋭く斬る「解説!笹目二朗」。クライスラー/ジープからは、アメリカらしい大排気量セダン「300Cツーリング・コンセプト」をチョイス。


2003年のニューヨークショーに出展された「300C」のワゴンバージョン。クラシカルなデザインのボディは、全長×全幅×全高=4999×1881×1483mm、ホイールベースは3048mmという堂々とした体躯だ。エンジンは、5.7リッターV8の新型「HEMI」を搭載。ワゴンは4WD、セダンは後輪駆動となる。
【スペック】
全長×全幅×全高=4999×1881×1483mm/ホイールベース=3048mm/駆動方式=4WD/5.7リッターV8
 

■アメ車お得意の……

展示された「300Cツーリング・コンセプト」はワゴンだが、日本仕様はセダンが用意されるらしい。ダッジ・ラムなどでお馴染みの、5.7リッターV8「ヘミ」エンジンを積む、FRベースの4輪駆動となる見込みだ。大排気量セダンはもともとアメリカ車の得意とするところ。ドイツ車なんかに負けちゃいられないっ! ……という感じもするが、「クロスファイア」同様、ドイツ製パーツも使われるようだ。

(文=笹目二朗/写真=峰昌宏)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • クライスラー 300C 5.7 HEMI(5AT)【試乗記】 2005.10.7 試乗記 クライスラー 300C 5.7 HEMI(5AT)
    ……598万5000円

    クライスラーが誇る5.7リッターV8OHVエンジン「HEMI」を搭載するサルーン「300C 5.7 HEMI」。なにもがデカく、誇らしげなアメリカンサルーンは、旧来のアメ車とはひと味違うらしい。


  • ボルボV90クロスカントリーT5 AWDサマム(4WD/8AT)【試乗記】 2017.7.5 試乗記 全長5mに迫る、ボルボの最上級クロスオーバーモデル「V90クロスカントリー」。その“GT性能”を確かめるべく、1000km超のロングドライブを敢行した。北海道から東京まで、1泊2日のグランドツーリングを通して感じた、その魅力とは?
  • DS 5シックBlueHDiレザーパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2017.5.26 試乗記 DSブランドならではの、アバンギャルドなスタンスが魅力の「DS 5」。先頃ラインナップに加わった2リッターのクリーンディーゼルエンジン搭載モデル「DS 5シックBlueHDiレザーパッケージ」は、快適至極なグランドツアラーに仕上がっていた。
  • 最高出力436psの「ロータス・エヴォーラGT430」登場NEW 2017.7.21 自動車ニュース 英ロータスカーズは2017年7月20日、最高出力436psを発生する高性能スポーツカー「ロータス・エヴォーラGT430」を発表した。世界限定60台で販売される。
  • 特別な仕立ての「アバルト595コンペティツィオーネ」発売 2017.7.19 自動車ニュース FCAジャパンは2017年7月19日、「アバルト595コンペティツィオーネ」の特別仕様車「595コンペティツィオーネ Performance Package(パフォーマンスパッケージ)」を発表した。同年7月29日に100台限定で発売する。
ホームへ戻る