WRC第13戦ラリー・カタルーニャ、パニッツィ大逆転勝利!【WRC 03】

2003.10.27 自動車ニュース

【WRC 03】WRC第13戦ラリー・カタルーニャ、パニッツィ大逆転勝利!

世界ラリー選手権(WRC)第13戦ラリー・カタルーニャが、2003年10月24日から26日にかけて、スペインのカタルーニャ地方で開催された。優勝はプジョーのジル・パニッツィ。最後のSS22でシトロエンのセバスチャン・ロウブを追い抜き、劇的な逆転勝利を飾った。

パニッツィは、レグ2を終わって総合3位。翌レグ3でも、ステージを3つ残したところでロウブから約50秒も離されていたのだが、最後の追い上げが凄まじかった。
SS19で好調フォードのマルコ・マルティンを抜き2位へジャンプアップ。勢いそのまま最後のSS22でもトップタイムをマークした。一方のロウブ/シトロエンは終盤にかけて不調で、最後のSSでは8番手タイムと振るわず。アスファルトに強い“ターマック・キング”ことパニッツィに勝利を奪われた。

11月6〜9日のラリー・グレートブリテンを残すのみとなった2003年のタイトル争いはさらに激化。ロウブとシトロエンのカルロス・サインツが63点で首位に並び、2位は62点のペター・ソルベルグ(スバル)、3位58点のリチャード・バーンズ(プジョー)と続く。

(webCG 有吉)

WRC第13戦ラリー・カタルーニャ、パニッツィ大逆転勝利!【WRC 03】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。