【東京モーターショー2003】「解説!笹目二朗:スバル篇」

2003.10.27 自動車ニュース
 

【東京モーターショー2003】「解説!笹目二朗:スバル篇」

自動車ジャーナリストの笹目二朗が「東京モーターショー」の出展車を鋭く斬る「解説!笹目二朗」。スバルブースからは、次期「プレオ」いわれるコンセプトカー「R2」をピックアップする。


次期「プレオ」と目される軽の参考出品車。ボディサイズは全長×全幅×全高=3395×1475×1520(ターボは1525)mm。ホイールベースは、スズキ「ワゴンR」と同じ2360mmである。スポーティ&エレガンスをキーワードにデザインされた外観は、フロントからルーフまでを滑らかなラインでつなぐ「ワンモーションフォルム」を採った。
エンジンは、NAがバルブタイミング機構「AVCS」を備える0.66リッター直4 DOHC16バルブを新開発。現行モデルと同様、メカニカルスーパーチャージャー(MSC)搭載ユニットもラインナップする。トランスミッションは、NAにインテリジェントCVT、MSC付きには、7段MTモード付きのi-CVTを組み合わせ、走りの愉しさを追求した。
【スペック】
スーパーチャージャー付き:全長×全幅×全高=3395×1475×1525mm/ホイールベース=2360mm/0.66リッター直4 DOHC16バルブ スーパーチャージャー/トランスミッション=7段スポーツシフト付きi-CVT
 

■あとはセンス

「R2」がイイ。スバル「360」の後を継いだ、昔のリアエンジン時代のネーミングとは関係ないが、小さなクルマの4ドアセダンである「R2」は、自動車本来の機能を生真面目に考えた結果だと思う。デザインのバランスが実に素晴らしい。
エンジンは、0.66リッター直4 DOHC16バルブと、一般的な軽自動車用を積む。これが、スバルならではのフラットツインなら、商品性はもっと高い。

“商品としての自動車”は、いまや効率や生産性よりも、魅力あるキャラクターでありうるかという問題の方が先である。つくってしまえば、技術はあとからついてくる時代だろう。まとめあげるセンスが重要だ。レガシィの3リッター6気筒も、ね。

(文=笹目二朗/写真=峰昌宏)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。