【東京モーターショー2003】「解説!笹目二朗:トヨタ篇」

2003.10.24 自動車ニュース
 

【東京モーターショー2003】「解説!笹目二朗:トヨタ篇」

自動車ジャーナリストの笹目二朗が「東京モーターショー」の出展車を鋭く斬る「解説!笹目二朗」。車種展開が豊富なトヨタからピックアップされたのは、現実的な「CROWN CONCEPT」と、コンセプトカー「CS&S」だ。


年末に発売がウワサされる、「クラウン」のニューモデル。国内専用の高級車から世界基準へ進化すべく、デザインと走りを「静」から「躍動」へ一新する一方、「もてなしの心」は世界最高水準へ昇華した、と謳われる。
新開発のプラットフォームは、フロントサブフレームをアルミ化するなどし軽量化しつつ剛性を追求した。エンジンは、新開発の3リッターV6を搭載。パワー重視の直噴システム「D-4」、連続可変バルブタイミング機構「VVT-i」などにより、性能と低燃費を両立したという。トランスミッションは、シーケンシャルシフトマチック付き6段ATが組み合わされる。
【スペック】
全長×全幅×全高=4840×1780×1470mm/ホイールベース=2850mm/駆動方式=FR/3リッターV6(250ps以上、31.5kgm以上)
 

■じっくり煮詰めて

最近のトヨタデザインは“粗製濫造”ぶりが目立つ。「それだけ車種が多いから……」ともいえるが、じっくり煮詰めて完成させたと思われる例がすくない。飛騨高山の、一刀彫りや春慶塗りの匠は作品を完成させた後も、しばらくの間は手元に置いてじっくり眺め、気に入らない箇所を修正していくという。アウディ「A6」のデザイナーも同じようなことを言っていた。トヨタはできたら“ホイ”と出す。だから、ジーッと見ているとアラが見えてくるクルマが多いのだ。


2003年のフランクフルトモーターショーで発表された、ハイブリッドシステムをミドシップする2+2オープン。「CS&S」は「Concept Sports & Speciality」から名付けられた。
ハイブリッドシステムは、「プリウス」と同じ「THS-II」(Toyota Hybrid System-II)だが、後輪を1.5リッターのガソリンエンジンとモーター、前輪をモーターで駆動する4WD「E-Four」を採用。エコと走りを両立したという。
【スペック】
全長×全幅×全高=3940×1800×1120mm/ホイールベース=2550mm/駆動方式=4WD/1.5リッター直4+モーター
 

その一方、「CROWN CONCEPT」はデザイン面で期待できる。ショーに出品されたのは完成形に近いと思われるが、いまからジックリ手直ししてさらに完成度を高めれば、より素晴らしいものになるのではないか。
フランクフルトで発表された、ハイブリッドの2シータースポーツ「CS&S」も、なかなかカッコイイ。「プリウス」の仲間が、増える日も近いか?

(文=笹目二朗/写真=峰昌宏)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。