【東京モーターショー2003】スバル「Think.Feel.Drive」

2003.10.23 自動車ニュース
 

【東京モーターショー2003】スバル「Think.Feel.Drive」

2003年10月22日のプレスデイで幕を開けた「第37回東京モーターショー」。スバルブランドの富士重工業は、22日12時55分から西ホールでプレスブリーフィングを開いた。壇上に上がった竹中恭二代表取締役社長は、「プレミアムブランドをもつグローバルプレーヤーを目指すことをビジョンとして改革に努めて参りました」と話し始めた。


【写真上】壇上に立つ富士重工業の竹中恭二代表取締役社長
【写真下】「R2」
 

■環境対応車の成功のカギを握るのは……

ステージ上には、「ランカスター」改め世界共通名称となった「レガシィ・アウトバック」、軽の参考出品車「R2」、そして注目のコンセプトカー「R1e」「B9スクランブラー」が展示された。


「R1e」
都市生活でのパーソナルユースをイメージしたという2+2のEVミニカー。高性能のマンガン・リチウム・イオンバッテリーを採用し、バッテリーの充電は家庭用エアコンに使われる単相200Vを使用する。
 

「電気モーターを使う環境対応車の成功のカギを握るのは、2次バッテリーだと考えています」と竹中社長。R1eとB9スクランブラーには、NECと共同開発した「ラミネート電池」の試作品が搭載されているという。技術にこだわるスバルらしい。

竹中社長に続き、アドバンスドデザイン・チーフデザイナーのアンドレア・ザパティナスが登場。「スバル車はスポーティ+機能的+エモーショナルでなければならない。2台のプロトタイプは、私達が追求している種のデザインを代表しています」と語った。


「B9スクランブラー」
オン・オフを問わずオープンエアを楽しみたいというおもいを表現した「2シーターHEV(ハイブリッド・エレクトリック・ビークル)」。中低速は電気モーターで走行し、エンジンは発電のみに使用する。駆動方式はジマンの「Symmetrical AWD」。
 

スバルの新しいブランドメッセージは、「Think.Feel.Drive」。「知性」を感じ、「感性」に響き、ドライバーに「感動」をもたらすクルマづくりを通して、個性的でプレミアムなブランドを目指すということである。

(NAVI岡田)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。