【東京モーターショー2003】日産の次期高級車を探る「フウガ」

2003.10.22 自動車ニュース
 

【東京モーターショー2003】日産の次期高級車を探る「フウガ」

勢いを取り戻した2位メーカー。次なる高級車の先取りモデル「フウガ」を発表。注目の「スカイラインGT-R」は、2007年にデビューする。


「ジクウ」
日産創業当時に発売された「ダットサン・ロードスター」がモチーフ。「江戸伝統工芸の技と先進デザインの融合」を謳う。フロントグリルフィニッシャーとリアコンビネーションランプは、「江戸切子のもつ繊細でシャープなイメージを表現」した。
全長×全幅×全高=3730×1615×1230mm/ホイールベース=2400mm。
 

■豊富なコンセプトカー群

今年創立70周年を迎える日産自動車。取締役社長カルロス・ゴーンは、日産が創業まもないころに発売したロードスターをデザインモチーフにしたというコンセプトカー「ジクウ」に乗って登場した。隣に、キモノを着た女性を乗せて。
「日本の伝統的な匠の業に加えて、革新的な先進技術の数々を装備しています」と述べ、まさにそれが「日産に期待されていること」だと続けた。今回、同社は7種類のショーカーを出展した。


「セレニティ」
 

壇上むかって右には、次世代マルチパーパスサルーンのコンセプト「セレニティ」が置かれる。依然続く異種混合、いわゆるクロスビークルの流行を受けたモデルで、ルーミーな室内と、先進のテレマチックシステムを特徴とする。

先進環境技術をつめこんだコンパクトコミューターのコンセプト「エフィス」、キューブと英国のデザイン会社「コンラン&パートナーズ」とのコラボレート作品、コンパクトカーの提案「シーノート」「レディゴ」を紹介した後、市販モデルに話題は移った。



 

■GT-Rは、2007年!

北米市場で、大きな成功を収めたスポーティなSUV「ムラーノ」。「スポーツセダンのカッコよさと、SUVとしての頑強で高い性能を併せ持つ」同車の日本市場は、来2004年秋になる。

昨2002年の夏にデビューし、世界中ですでに6万以上販売した「フェアレディZ」。オープンモデルたる「Zロードスター」は、この10月から販売が開始された。


「フウガ」
 

デビューの時期が注目されるジャパニーズモンスター「スカイラインGT-R」については、開発の推進が力強く約束された。「日産の誇るもうひとつの伝説的なクルマ……GT-Rについては、2007年にこの場で披露する予定です」と。

最後に触れられたのが、高級車のコンセプト「フウガ」。スカイライン、フェアレディなどで用いられる「FR-L」プラットフォームを活用したモデルで、「卓越した運動性能と軽快なハンドリングをお約束します」とゴーン社長。インテリアは、FFセダン「ティアナ」で一定の評価を得た「ジャパニーズ・モダン」がテーマとされる。

(webCGアオキ)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。