【東京モーターショー2003】ベントレー、力作「コンチネンタルGT」をアピール

2003.10.22 自動車ニュース

【東京モーターショー2003】ベントレー、力作「コンチネンタルGT」をアピール

「第37回東京モーターショー」が、2003年10月22日のプレスデイで幕を開けた。フォルクスワーゲングループの高級ブランド、ベントレーは、初日にプレスブリーフィングを開き、4座の2ドアクーペ「コンチネンタルGT」と最高級サルーン「アルナージT」を披露した。

■VWからの増資を得て

1998年にドイツの巨人、フォルクスワーゲングループの傘下に入ったイギリスの名門ブランド、ベントレー。2台の展示車に挟まれるカタチでブース中央に鎮座したVW製「W12エンジン」が象徴的だった。

「昨年のパリサロンで掲げた目標が2つありました」と語るのは、ベントレー・モーターズ・リミテッドのCEO、Dr.フランツ・ジョゼフ・ペフガン氏。ひとつは、耐久レースの花形、ルマン24時間を制覇すること、そしてもうひとつが、新型の4座の2ドアクーペ「コンチネンタルGT」で世界を席巻することだったという。

ルマンにおいては、兄弟ともいうべき常勝マシン「アウディR8」のノウハウをつぎ込んだ「ベントレーSpeed 8」が、同ブランドに73年ぶりの栄冠をもたらしたことは周知の通り。コンチネンタルGTには、公道における“勝利”が期待されている。

VWからの総額5億ポンドの投資のうち、2億1600万ポンドを投入しつくられたコンチネンタルGT。生産は、2億1600万ポンドをかけて設けられた英国クルー工場(別名“世界最大のショールーム”)の新ラインで行われる。
VWからの増資を得て最新鋭の設備を整えつつ、創業以来培われてきたクラフトマンシップによる丁寧・高品質な高級車づくりが強調されていた。親は変われど魂は不変、といったところか。

日本市場では、フォルクスワーゲングループジャパンでの経験を活かし、2002年からベントレー・モーターズ・ジャパンがインポーターを務めているベントレー。コンチネンタルGTの販売が上々ならば、さらにディーラー網を拡大していく予定という。

(webCG 有吉)

 

「アルナージT」
 

ベントレー・モーターズ・リミテッドのCEO、Dr.フランツ・ジョゼフ・ペフガン氏
 

VWが押す6リッターW型12気筒ツインターボエンジン。最高出力560psを誇る
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。