【東京モーターショー2003】フォルクスワーゲン「新ゴルフ」は来年半ば、「コンセプトR」発表

2003.10.22 自動車ニュース
 

【東京モーターショー2003】フォルクスワーゲン「新ゴルフ」は来年半ば、「コンセプトR」発表

2003年10月22日のプレスデイで幕を開けた「第37回東京モーターショー」。フォルクスワーゲンのプレスブリーフィングでは、「ゴルフV」の日本導入が2004年の半ばになることが明らかになり、また近未来デザインを表すプロトタイプスポーツ「コンセプトR」が発表された。


【写真上】「コンセプトR」
【写真下】「ゴルフV」
 

■VWも、エモーショナルを目指す

「エモーショナルで、パワフルで、まぎれもなくゴルフ」と紹介されたゴルフV。フォルクスワーゲンの主力車種は、“スタンダード”から“プレミアム”への階段を上りたいところ。5代目の新しいシャシーでは、世界中のコンパクトカーの“標準”となった感のあるリアサス「トーションビーム」を捨て、マルチリンクを採用。4輪独立となって、話題となった。日本には、直噴の2リッター“FSI”エンジン(150ps)を積む6AT車が、来2004年のなかばから輸入される。


コンセプトRのインパネ
 

もうひとつの注目は、“新しいスポーツカーのデザイン哲学”を掲げたプロトタイプのロードスター「コンセプトR」。265psを発生する3.2リッター狭角V6をミドに搭載。トランスミッションは、6スピードのDSG(ダイレクトシフト・ギアボックス)が使われる。
シートは固定され、ステアリングホイールとペダルを動かすことによって、ドライビングポジションを調整する、レーシィな演出がなされる。0-100km/h=5.3秒、理論上の最高速度は270km/hだという。エンジンのサウンドを、スイッチひとつで変えられるのがジマンだ。

(webCGアオキ)


「コンセプトR」デザイナーのペーター・シュライヤー氏
 

■「コンセプトR」デザイナーにインタビュー!

コンセプトRは、ムラト・ギューナックとペーター・シュライヤーが率いるデザインチームによってデザインされた。ペーター・シュライヤーに話を聞いた。
−−コンセプトRのハイライトは?
PS:フロントマスクです。エモーショナルなもので、今後のフォルクスワーゲンの顔を示唆します。
−−次世代VW車のフェイスだ、と。
PS:そうです。
−−実際にドライブできる、と聞きましたが?
PS:もちろんです。
−−どうして、シートではなく、ステアリングホイールとペダルを動かすようにしたのですか?
PS:このクルマはプロトタイプですから、あらゆる新しいアイディアを試してみたかったんです。もちろん、市販車で採用するわけにはいかないでしょうが。
−−VWの2シーターオープンが、将来的に市販されるのですか?
PS:そう願っています。ぜひ。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。