【東京モーターショー2003】アストンマーチン「DB9」

2003.10.22 自動車ニュース
 

【東京モーターショー2003】アストンマーチン「DB9」

「DB7」の後継にあたる「DB9」。2004年の春に発売が予定されている新顔が、2003年10月22日に幕を開けた「第37回東京モーターショー」にお目見えした。



 

■V12は460ps

アストンの目玉は、フランクフルトモーターショーと同じく「DB9」。アルミと軽コンポジット材による2+2のクーペボディで、6リッターV12エンジンを搭載し、460psを発生する(最高速は300km/h)。トランスミッションには6段MTとパドルシフト付きの6段ATが用意された。発売は2004年の春、イギリスのゲイドンに新設された工場で生産される。

(NAVI 谷山)

関連記事 ホームへ戻る