【東京モーターショー2003】アストンマーチン「DB9」

2003.10.22 自動車ニュース
 

【東京モーターショー2003】アストンマーチン「DB9」

「DB7」の後継にあたる「DB9」。2004年の春に発売が予定されている新顔が、2003年10月22日に幕を開けた「第37回東京モーターショー」にお目見えした。



 

■V12は460ps

アストンの目玉は、フランクフルトモーターショーと同じく「DB9」。アルミと軽コンポジット材による2+2のクーペボディで、6リッターV12エンジンを搭載し、460psを発生する(最高速は300km/h)。トランスミッションには6段MTとパドルシフト付きの6段ATが用意された。発売は2004年の春、イギリスのゲイドンに新設された工場で生産される。

(NAVI 谷山)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

DB9の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • アストンマーティンDB11ローンチエディション(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.15 試乗記 アストンマーティン伝統の、「DB」の2文字を車名に冠したニューモデル「DB11」。端々に伝統を感じさせるデザインで、新開発の5.2リッターV12ツインターボエンジンと先進のエアロダイナミクスを包んだ新世代アストンの実力を試す。
  • チュリニ峠を行く新型「アルピーヌA110」 2017.4.3 画像・写真 ジュネーブショー2017で世界初公開された新型「アルピーヌA110」。オリジナルのA110がRRだったのに対し、新生A110はMRのレイアウトを採る。モンテカルロラリーの名所、チュリニ峠を行く姿を写真で紹介する。
  • アストンマーティンDB11(FR/8AT)【海外試乗記】 2016.8.6 試乗記 2016年3月のジュネーブショーで世界初公開された、アストンマーティンの新しい基幹モデル「DB11」。完全新設計のアルミプラットフォームに独自開発の5.2リッターV12ツインターボエンジンを搭載した、新世代のグランドツアラーの出来栄えを確かめた。
  • ブガッティ・シロン(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.3.27 試乗記 1500psから420km/hという最高速を繰り出す「ブガッティ・シロン」に試乗。その桁外れの動力性能は驚きに値するが、それにも増して感動的だったのは、どんな状況でもこのクルマを100%信頼できるという感触が備わっていることだった。
  • ロータス・エヴォーラ スポーツ410 GPエディション 2017.4.7 画像・写真 あのJPSカラーをまとったスペシャルな「ロータス・エヴォーラ」が登場! アメリカ市場に向けてわずか5台だけ生産される「エヴォーラ スポーツ410 GPエディション」の姿を写真で紹介する。
ホームへ戻る