【東京モーターショー2003】アストンマーチン「DB9」

2003.10.22 自動車ニュース
 

【東京モーターショー2003】アストンマーチン「DB9」

「DB7」の後継にあたる「DB9」。2004年の春に発売が予定されている新顔が、2003年10月22日に幕を開けた「第37回東京モーターショー」にお目見えした。



 

■V12は460ps

アストンの目玉は、フランクフルトモーターショーと同じく「DB9」。アルミと軽コンポジット材による2+2のクーペボディで、6リッターV12エンジンを搭載し、460psを発生する(最高速は300km/h)。トランスミッションには6段MTとパドルシフト付きの6段ATが用意された。発売は2004年の春、イギリスのゲイドンに新設された工場で生産される。

(NAVI 谷山)

関連キーワード:
DB9アストンマーティン東京モーターショー2003イベント自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アストンマーティンDB11 V8(FR/8AT)【試乗記】 2018.3.26 試乗記 アストンマーティンの主力モデル「DB11」に仲間入りした、V8エンジン搭載車に試乗。メルセデスAMGの手になるパワーユニットを与えられた新型は、この英国ブランドの将来性を感じさせるエネルギーに満ちあふれていた。
  • アストンマーティンDB11ヴォランテ(FR/8AT)【海外試乗記】 2018.3.15 試乗記 「アストンマーティンDB11」のラインナップに「ヴォランテ」が加わった。510psの4リッターV8ツインターボがもたらす速さは、もちろんこのクルマの魅力には違いない。しかし、ヴォランテならではの魅力は、優雅に走ってこそ際立ってくるだろう。
  • アストンマーティンDB11ローンチエディション(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.15 試乗記 アストンマーティン伝統の、「DB」の2文字を車名に冠したニューモデル「DB11」。端々に伝統を感じさせるデザインで、新開発の5.2リッターV12ツインターボエンジンと先進のエアロダイナミクスを包んだ新世代アストンの実力を試す。
  • アストンマーティン・ヴァンテージ(FR/8AT)【海外試乗記】 2018.4.16 試乗記 スタイルも中身も一新! 攻めのデザインをまとって登場した、新型「アストンマーティン・ヴァンテージ」。アストンきってのリアルスポーツは、どれほどの走りを見せるのか? ポルトガル・アルガルベサーキットで、その実力を解き放った。
  • フェラーリGTC4ルッソT(FR/7AT)【試乗記】 2018.3.12 試乗記 V8ターボエンジンを搭載するフェラーリの4シーター「GTC4ルッソT」に試乗。その走りにはどんな特徴があるのか。12気筒エンジンやMRの駆動方式を採用する、ほか多くの“跳ね馬”に接してきた清水草一がリポートする。
ホームへ戻る