【東京モーターショー2003】アストンマーチン「DB9」

2003.10.22 自動車ニュース
 

【東京モーターショー2003】アストンマーチン「DB9」

「DB7」の後継にあたる「DB9」。2004年の春に発売が予定されている新顔が、2003年10月22日に幕を開けた「第37回東京モーターショー」にお目見えした。



 

■V12は460ps

アストンの目玉は、フランクフルトモーターショーと同じく「DB9」。アルミと軽コンポジット材による2+2のクーペボディで、6リッターV12エンジンを搭載し、460psを発生する(最高速は300km/h)。トランスミッションには6段MTとパドルシフト付きの6段ATが用意された。発売は2004年の春、イギリスのゲイドンに新設された工場で生産される。

(NAVI 谷山)

関連キーワード:
DB9アストンマーティン東京モーターショー2003イベント自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アストンマーティンDB11 2016.3.1 画像・写真 アストンマーティンが、ジュネーブショー2016において新型車「DB11」を発表した。2003年に登場した「DB9」の後継モデルに当たり、パワーユニットには自社開発の5.2リッターV12ターボエンジンを採用している。アストンの新しい基幹モデルを、写真で紹介する。
  • アストンマーティンDB11ローンチエディション(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.15 試乗記 アストンマーティン伝統の、「DB」の2文字を車名に冠したニューモデル「DB11」。端々に伝統を感じさせるデザインで、新開発の5.2リッターV12ツインターボエンジンと先進のエアロダイナミクスを包んだ新世代アストンの実力を試す。
  • アストンマーティン・ラピードS シャドーエディション(FR/8AT)【試乗記】 2017.10.13 試乗記 「アストンマーティン・ラピードS」は不思議な存在だ。ある時はスポーツカー、またある時はフォーマルサルーン、そしてハッチゲートを開ければ“ユーティリティービークル”に早変わり。しかしてその実体は……。 特別仕様車「シャドーエディション」に試乗した。
  • プジョー3008GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.9.19 試乗記
  • プジョー3008アリュールLEDパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2017.8.29 試乗記