【東京モーターショー2003】ルノー「新型メガーヌ&カングーで6000台を目指す」

2003.10.22 自動車ニュース
 

【東京モーターショー2003】ルノー「新型メガーヌ&カングーで6000台を目指す」

「第37回東京モーターショー」が、2003年10月22日のプレスデイで幕を開けた。初日、カルロス・ゴーンが日産ブースで熱弁をふるった直後に行われたルノーのプレスカンファレンスでは、日本語でスピーチを行ったルノージャポンのアラン・レーマン社長が、期待の新型「メガーヌ」などを発表した。


新しくなった「メガーヌ」の5ドアハッチバック。今後、日本におけるルノーの主役を張る期待のモデルだ。1.6リッター(113ps)の「1.6」と2リッター(133ps)の「2.0」、そして上級「2.0プレミアム」の3台が当面投導入される。「クーペカブリオレ」などは「今後の評判みて導入を判断したい」とのこと。
 

■今後は、新型「メガーヌ」と「カングー」の2台が柱

2002年の欧州市場で年間販売台数ナンバーワン(乗用車・軽商用車両部門)に輝いたルノー。SUVとスポーツタイプの2バリエーションを展開するコンセプトカー「Be Bop」(ビーバップ)を押し退けて(!?)ブースでメインを張るのが、2004年1月10日に日本で発売される新型「メガーヌ」だった。

クリフカットと見まがうばかりの個性的なCピラーを特徴とする、「design for the driver」をコンセプトとしたハッチバックは、2003年の欧州カー・オブ・ザ・イヤー受賞車。先代同様、ひとつのプラットフォームで様々なバリエーションを派生させ、新型は3&5ドアハッチ、ミニバン「セニック」、オープン「クーペカブリオレ」、4ドアセダン、ワゴン、3列7人乗り「グランドセニック」と、計7車種を揃える。


4座オープンの「メガーヌ・クーペカブリオレ」
 

ブースに飾られるのは、20秒で開くことのできる電動格納式ハードトップを載せた4座オープン「クーペカブリオレ」と、225psを発する2リッターエンジン搭載のスポーツバージョン「ルノースポール」、そして5ドアハッチの3台。このうち、来春わが国にやってくるのは、5ドアハッチのみのとなる。1.6、2リッターとその上級の3グレード構成で、220.0万円からのプライスタグを付ける。


コンセプトカー「Be Bop」のスポーツ版「ルノースポール」。ラウンドシェイプのユニークなフォルムが特徴的だ。
 

車両の説明を終え、ルノージャポンのレーマン社長は、日本市場における今後の販売戦略を明らかにした。
「退屈へのレジスタンス」をキャッチフレーズに、ニューメガーヌ、そして2002年から日本で販売されているマルチパーパスカー「カングー」のコンパクトな2台を主役に据え、「2006年までに販売台数6000台」という目標を掲げる。2002年度の販売台数はおよそ2500台。ヨーロッパでの勢いにのって、3年で倍以上の成長を遂げたいと意気込みを見せる。

(webCG 有吉)


「Be Bop」でポーズをとるのは、ルノージャポンのアラン・レーマン社長。スピーチはすべて日本語で行われた。
 

こちらは、50台限定で販売される「ルーテシア・ルノースポールV6」。ヨーロッパで行われるワンメイクレース「クリオ・トロフィー」のロードゴーイングバージョンで、F1で培った技術をつぎ込んだ255psを発する3リッターV6ユニットを積む。
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。