ロールスロイス「ファントム」発売

2003.10.21 自動車ニュース
 

ロールスロイス「ファントム」発売

ロールスロイスの正規代理店であるコーンズ・アンド・カンパニー・リミテッドは、ロールスロイス社がBMW傘下となって初のニューモデル「ファントム」を発表。2003年10月17日から販売を開始した。



 

■ビッグネーム「ファントム」復活

世界屈指の高級車ブランド、ロールスロイスのニューモデルが登場した。独BMWグループ傘下の“新生”ロールスロイス、初のニューモデルは「ファントム」。かつては、王室や国家元首といったVIPのために少量生産され、幻(=Phantom)と呼ばれたビッグネームの復活である。

ボディサイズは、全長×全幅×全高=5835×1990×1655mm、ホイールベースは3570mm。マイバッハ「57」(全長×全幅×全高=5723×1980×1573mm/ホイールベース=3390mm)とほぼ同サイズの、スーパーラクシャリーサルーンだ。ボディとシャシーの90%にアルミを用い、高い剛性を確保。安全性に加え、ドライバビリティを向上したという。
「伝統と最新テクノロジーを融合」したエクステリアは、「コーチドア」と呼ばれる観音開きドアが特徴。パルテノン神殿をモチーフにしたフロントグリル、その上に立つ「スピリット・オブ・エクスタシー」のマスコットなど、随所にブランドアイコンがちりばめられる。



 

■お値段4100.0万円

インテリアは、余裕の空間、快適&高級装備に加え、安全性にも配慮。後席の乗員がCピラーに隠れる“伝統的なスタイル”を踏襲した。内装は、6種類のウッドと15種類のレザーカラーから選択可能。15のスピーカーを420Wアンプで駆動する「Lexicon Logic7」オーディオシステムを備えるなど、「乗る者すべてを最高の状態でくつろがせる」(プレスリリース)配慮がなされたという。

エンジンは、6.7リッターV12を搭載。最高出力460ps/5350rpm、最大トルク73.4kgm/3500rpmのアウトプットを誇り、最大トルクの78%はアイドリング時に発生するという。伝統的に公表されなかったエンジンスペックが公になることからも、ロールスロイスが生まれ変わったことが感じられる。トランスミッションは6段ATが組み合わされ、後輪を駆動。2600kgの重量ボディだが、0-100km/hは5.9秒、0-1000mを25.6秒で駆け抜ける動力性能をもち、最高速度は240km/hに達する。

英グッドウッドに新設された工場で生産される新型ファントム。日本での価格は、4100.0万円である。

(webCGオオサワ)

コーンズ・アンド・カンパニー・リミテッド:http://www.cornes.co.jp/

関連キーワード:
ファントムロールス・ロイスロールスロイス自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ロールス・ロイス・ファントム/ファントム エクステンデッド ホイールベース【海外試乗記】 2017.11.22 試乗記 「ロールス・ロイス・ファントム」がフルモデルチェンジを果たし、8代目に移行した。新型は外観こそまがうかたなきロールス・ロイスだが、新設計のアルミアーキテクチャーが用いられるなど、新時代の幕開けを感じさせる内容となっている。スイスで試乗した。
  • トヨタ・ハイラックスZ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.11.30 試乗記 10年以上のブランクを経て国内市場に復活した、トヨタのピックアップトラック「ハイラックス」。いざ日本の道を走らせてみると、外観からは予想できなかった身のこなしや乗り心地のよさに、驚かされることになった。
  • アストンマーティン・ヴァンキッシュSクーペ(FR/8AT)【試乗記】 2017.11.17 試乗記 進化が止まらぬスーパースポーツカーの世界。「アストンマーティン・ヴァンキッシュ」も588psというパワーを得て、いよいよその究極形と目される「ヴァンキッシュS」に到達した。伝統の自然吸気V12エンジンも、いよいよこれでクライマックスか?
  • メルセデス・ベンツE220d 4MATICオールテレイン(4WD/9AT)... 2017.11.29 試乗記
  • 日産リーフG(FF)【試乗記】 2017.11.28 試乗記