【東京モーターショー2003プレビュー】トヨタ・レクサスLF-S(エルエフ-エス)

2003.10.21 自動車ニュース
 

【東京モーターショー2003プレビュー】トヨタ・レクサスLF-S(エルエフ-エス)

アメリカで高級ブランドとしての確固たる地位を築いた「レクサス」が、いよいよわが国に上陸。日本ではまだあまり知られていないトヨタのラグジュリーブランドからは、2台のコンセプトカーが出展される。いずれも近い将来、何らかのカタチで市販されそうなモデルだ。



 

■LF-S(エルエフ-エス)

LF-Sとは「LEXUS Future-Sedan」の略で、つまりはレクサス・ブランドを体現する次世代プレミアムセダンのデザインスタディだ。
高級品を所有することによる満足から、自分自身の価値基準にあった満足へという消費者の価値観の変化に対応した、「L-fitness」と呼ばれるレクサスのデザインフィロソフィを反映したモデルで、レクサス「GS430」(国内名アリスト)の後継車種のプロトタイプではないかと思われる。

(写真=田村弥)



 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。