日産「ウイングロード」を一部改良&特別仕様車

2003.10.21 自動車ニュース
 

日産「ウイングロード」を一部改良&特別仕様車

日産自動車は、ステーションワゴン「ウイングロード」を一部改良。同時に「70周年記念特別仕様車 第2弾」を追加設定し、2003年10月14日から販売を開始した。


【写真上】1.5 Sエアロ
【写真下】ウォッシャブルラゲッジボード
 

今回の改良では、内外装を変更し、スポーティでスタイリッシュなイメージを高めたという。

エクステリアは、メタル調のフロントグリルを、エアロ系以外のグレードに拡大採用。エアロ系は、フロントカラードエアロバンパーを装着した。ほかに、16インチアルミロードホイールが「ZX」と「ZXエアロ」に、フォグランプメタル調フィニッシャーが「ZXエアロ」に標準装備となった。
インテリアでは、ステアリングを立体感ある意匠に改めたことに加え、シート生地を“シンプル”と“スポーティ”の2種類に大別(ZX、ZXエアロは現行のまま)。装備品として、ワゴンスペースに、水で洗える「ウォッシャブルラゲッジボード」や撥水加工シートを採用し、ユーティリティー性を高めた。インテリジェントキーなどが一部グレードに標準装着されたことも新しい。

価格は、ベーシックな「G」(1.5リッターFF、5MT)の134.8万円から、「Xエアロ」(1.8リッター4WD、4AT)の212.0万円まで。

「70周年記念特別仕様車 第2弾」は、ベーシックグレードの「S」「Sエアロ」をベースに、快適装備を充実したモデル。除菌とイオンコントロール効果のある「プラズマクラスターイオンエアコン」や、「消臭天井」「赤外線/UVカットグリーンガラス」が特別装備される。インテリジェントキーも備わる。価格は、ベース車の3.0万円高に設定された。

(webCG 本諏訪)

ニッサン「ウイングロード」:
http://www.nissan.co.jp/WINGROAD/

関連キーワード:
ウイングロード日産自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産ステージアAR-X FOUR(4WD/5AT)【ブリーフテスト】 2004.12.17 試乗記 ……402万2550円
    総合評価……★★★★

    2004年8月にマイナーチェンジをし、ターボエンジンを捨てておとなしくなった印象の「日産ステージア」。その中でも異彩を放つ、ワイルドなクロスオーバーSUVタイプの「AR-X FOUR」に、自動車ジャーナリストの森口将之が乗った。


  • シボレー・カマロ コンバーチブル(FR/8AT)【試乗記】 2018.1.12 試乗記 いよいよ日本に導入された大人の4シーターオープン「シボレー・カマロ コンバーチブル」。大幅に軽量化されたボディーと秀逸なシャシー、そしてモデル史上初となる4気筒ターボエンジンの組み合わせは、スミズミまで考え抜かれた知的な走りを実現していた。
  • 日産ウイングロード(20) 2005.11.16 画像・写真 日産自動車は、コンパクトなステーションワゴン「ウイングロード」をフルモデルチェンジし、2005年11月14日に発売した。
  • 日産ウイングロード15RXエアロ(FF/CVT)/18RXエアロ(FF/CVT)【試乗記】 2005.12.6 試乗記 日産ウイングロード15RXエアロ(FF/CVT)/18RXエアロ(FF/CVT)
    ……230万3700円/250万3200円

    2005年11月14日、日産のコンパクトワゴン「ウイングロード」が3代目に進化した。若者が求める使えるワゴンとは?エアロパーツで飾ったスポーティモデルに試乗した。


  • 「シボレー・コルベット」のオーダーメイドプログラム実施 2018.1.25 自動車ニュース ゼネラルモーターズ・ジャパンは2018年1月25日、自分だけの「シボレー・コルベット」をオーダーできる「シボレー・コルベット テーラーリング・プログラム」を、同年2月10日から2月25日までの期間限定で実施すると発表した。
ホームへ戻る