【語ってくれた人】前 勝美(まえ かつみ)さん/1989年入社。内装設計を経て92年に商品開発プロジェクトに移動。新型「アウトランダー」を担当する以前には、「ランサー/ミラージュ」「ランサーセディア/セディアワゴン」「エアトレック」「ギャランフォルティス」などの開発に携わってきた。

三菱アウトランダー【開発者インタビュー】

時代に応える「上質」「安全」「環境」の三拍子 2012.12.14 試乗記 <開発者インタビュー>
前 勝美さん
三菱自動車工業
商品戦略本部 C & D-seg商品開発プロジェクト マネージャー

強力なライバルひしめく国産SUV市場に、三菱が満を持して投入した新型「アウトランダー」。従来モデルからの進化の度合いと、そこに込められた開発者の思いを聞いた。

先代モデルから受け継いだところ、変えたところ

先代にあたる初代「三菱アウトランダー」が、「三菱自動車再生計画」の第1弾として登場したのは2005年10月。全世界で約66万台という、同社としては納得できる販売台数を記録した。

デビューから7年、“Leading the New Stage”をテーマに掲げた2代目が2012年10月に登場した。新型「アウトランダー」とはどんなクルマなのか。開発のまとめ役を務めた同社商品戦略本部C & D-seg商品開発プロジェクト マネージャーの前 勝美氏にお話をうかがった。

穏やかに、理路整然と話を進める前氏によれば、先代「アウトランダー」は良くも悪くも、ユーザーからの意見がはっきりしたモデルだったという。

――では、まずは「良くも」のほうからお聞かせください。
SUVらしからぬと申しましょうか、きびきびと走るスポーティーな操縦性が高く評価されました。3列シートの7人定員であることも、ミッドサイズSUVのライバルの中では強みでした。

――言いにくいかもしれませんが、「悪くも」のほうはどんな意見でしたか?
スポーティーなハンドリングは好評だったものの、この長所を得るために、失ったものもありました。少し乗り心地が硬すぎるという声があったのです。

こちらを立てればあちらが立たず、げにハンドリングと快適性の両立は難しい……。

――新型「アウトランダー」の担当に任命されたのはいつでしたか?
2009年11月です。以来、こうしたユーザーからの声をもとに開発コンセプトを定めました。具体的には、レーダーチャートでへこんでいた部分をふくらませることを考えました。

――とはいえ、先代の「アウトランダー」は、たくさんのライバルがいる中でそうした個性があったからこそスマッシュヒットを飛ばすことができたのではないでしょうか?
おっしゃる通りで、特徴があるからこそ先代を買ってくださったとの思いもあります。できるだけ長所は生かしつつ、バランスを整える方向でプロジェクトを進めました。新型「アウトランダー」が世に出る3年後の2012年の社会情勢を想像し、キーワードを「上質」「安全」「環境」の3つに定めました。

以下、このキーワードを用いながら、新型「アウトランダー」をさらに深く解説していただく。

「スポーティーだが乗り心地が硬い」という従来型の評価を受け、新型「アウトランダー」はその長所を生かしつつ、バランスを調整する方向で開発が進められた。
「スポーティーだが乗り心地が硬い」という従来型の評価を受け、新型「アウトランダー」はその長所を生かしつつ、バランスを調整する方向で開発が進められた。
企画段階から新型「アウトランダー」の開発に携わっていた前マネージャー。いわく、新型のコンセプトは、従来型のオーナーの声をもとに考えられたものだという。
企画段階から新型「アウトランダー」の開発に携わっていた前マネージャー。いわく、新型のコンセプトは、従来型のオーナーの声をもとに考えられたものだという。
国産ミドルクラスSUVとしていち早く電動テールゲートを備えるなど、充実した装備も新型「アウトランダー」の特長。
国産ミドルクラスSUVとしていち早く電動テールゲートを備えるなど、充実した装備も新型「アウトランダー」の特長。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

アウトランダーの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る