【東京モーターショー2003プレビュー】ポルシェ

2003.10.21 自動車ニュース
 

【東京モーターショー2003プレビュー】ポルシェ

1963年のフランクフルトショーにデビューした「911」は、今年ちょうど40周年を迎えたことになり、それを記念した「911アニバーサリー・エディション」が登場。全世界で1963台が限定販売される。


【写真上】「911アニバーサリー・エディション」
【写真下】「911ターボ・カブリオレ」
 

その911モデルレンジには新たに「ターボ・カブリオレ」と「カレラ4Sカブリオレ」が加わり、「GT3」および「GT3カップカー」を加えた計5台の911を展示。
ポルシェ第3のモデルレンジである「カイエン」には、「ターボ」と「S」に加えて廉価バージョン(ポルシェとしては)のV6・3.2リッターエンジン搭載モデルが加わった。
そしてポルシェ・ブースの華は、スーパースポーツカー「カレラGT」の市販モデルだろう。V10気筒5.7リッター612psエンジンを搭載、炭素繊維強化プラスチック(CFRP)のモノコックとサブフレーム、セラミックコンポジットのブレーキとクラッチ等々、純粋なレーシングカー・テクノロジーに見るべきところは多い。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。