【Movie】GMテックツアー/スバル レガシィB4 CNG

2003.10.21 自動車ニュース
【Movie】GMテックツアー/スバル レガシィB4 CNG

【Movie】GMテックツアー/スバル レガシィB4 CNG

燃料電池車の開発に力を入れる米ゼネラルモーターズが、日本の提携企業であるスバル、スズキ、イスズとともに、自動車の環境対応技術を説明する「GMテックツアー」。スバルは、CNG(圧縮天然ガス)エンジン搭載の「レガシィB4」をデモンストレーションした。試乗の模様を、動画にてご覧いただく。


ガソリン車と見分けがつかないCNGエンジン。150ps/6800rpmの最高出力と、16.7kgm/4400rpmの最大トルクを発生する。「超−低排出ガス」相当の排ガス性能が謳われる。

【Movie】GMテックツアー/スバル レガシィB4 CNG

CNGは、炭素数の少ないメタンが約8割を占める。それを燃料にするCNGエンジンは、有害物質や二酸化炭素の排出量が少ないことがメリットだ。
エンジンは、ガソリン車と同じ2リッター水平対抗4気筒DOHC。もちろん、CNG専用の燃料噴射システムなどを備えるが、ブロックやヘッドはガソリン車と同じ。駆動方式は、もちろん4WDである。
燃料タンクは、アルミとカーボンファイバーを組み合わせた59リッタータンクを2本搭載。航続距離は、約350kmだという。スバルは2004年春ごろ、このクルマを発売する予定だ。


荷室に搭載された、CNG燃料タンク。

【Movie】GMテックツアー/スバル レガシィB4 CNG

【レガシィB4 CNG】

(撮影/編集=カネヨシ)


インタビューに応じてくださった、富士重工業の石関清一氏

【Movie】GMテックツアー/スバル レガシィB4 CNG



【Movie】GMテックツアー/スバル レガシィB4 CNG

関連キーワード:
レガシィB4スバル自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバル・インプレッサG4 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.21 試乗記 新型「スバル・インプレッサ」のセダンモデル「G4」に試乗。販売の主力となっているハッチバックモデルではなく、あえてマイナーなセダンを選ぶ理由はあるのか? 2リッターエンジン+18インチアルミホイールの上級グレードで検証した。
  • スバル・インプレッサスポーツ2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.12.9 試乗記 フルモデルチェンジした「スバル・インプレッサスポーツ」に試乗。新世代プラットフォームと直噴化された水平対向エンジンがもたらす走りや、最新の運転支援システムの使い勝手を、2リッターの4WDモデルで確かめた。
  • スバル・インプレッサG4 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.5.10 試乗記 “素のグレード”の出来栄えにこそ、そのモデルの実力が表れる。スバルのCセグメントセダン「インプレッサG4」のエントリーモデル「1.6i-L EyeSight」に試乗。その走りや装備の充実度、静的質感などを通して、スバルの最新モデルの地力に迫る。
  • スバル・インプレッサスポーツ1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.8 試乗記 新世代のプラットフォームを採用した「スバル・インプレッサ」の1.6リッターモデルに、清水草一が試乗。その走りや乗り心地を、2リッターモデルとの比較も交えながら詳しくリポートする。
  • スバルが「インプレッサ」を一部改良 アイサイトの機能強化 2017.9.11 自動車ニュース スバルは2017年9月11日、「インプレッサ」に一部改良を実施し、同年10月5日に発売すると発表した。先進運転支援システム「アイサイト」の夜間走行における歩行者認識性能を強化したほか、後退時自動ブレーキシステムを追加した。
ホームへ戻る