【東京モーターショー2003プレビュー】フォルクスワーゲン

2003.10.21 自動車ニュース
 

【東京モーターショー2003プレビュー】フォルクスワーゲン

9月のフランクフルトモーターショーでも展示された、2座ロードスター「コンセプトR」を出展。
全長4163mmという比較的コンパクトなボディに、265psを発生する3.2リッターV6エンジンをミドシップ。すでにVWグループのアウディが「TTクーペ」「A3」に組み合わせて市場投入している、「DSG(ダイレクト・シフト・ギアボックス)」を組み合わせ、0-100km/hを5.3秒でこなすパフォーマンスをもつ。本格SUV「トゥアレグ」に続くVWの新機軸、本格スポーツカーセグメントへの参入をにおわすモデルだ。


【写真上】「コンセプトR」
【写真下】新型「ゴルフ」
 

さらに新型「ゴルフ」が日本初お披露目されるのもニュース。先代よりひとまわり大きくなり、プレミアム性をより高めた5代目は、引き続きアウディ「A3」とプラットフォームを共有。すでに本国では発売されており、日本でも2004年からデリバリーが開始されるとウワサされる。


「トゥーラン」
 

5人乗りコンパクトミニバン「トゥーラン」や、7人乗りの新型ミニバン「マルチバン」も参考出展。その他、2003年6月に発売された「ニュービートルカブリオレ」や、ポルシェとの共作トゥアレグなど、現行ラインナップのほとんどをみることができる。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。