【東京モーターショー2003プレビュー】日産・CUBE3+Conran & Partners(キューブキュービック+コンラン&パートナーズ)

2003.10.20 自動車ニュース
 

【東京モーターショー2003プレビュー】日産・CUBE3+Conran & Partners(キューブキュービック+コンラン&パートナーズ)

前回の乗用車ショー(2001年)では、「フェアレディZ」と「GT-R」コンセプトの2台のスポーツカーで注目を集めた日産。今回は、いまやこのメーカーの得意分野となった観がある「デザイン」がトピックになる。
全部で6台が用意されるコンセプトカーは、「和」をテーマとしたものが目立つ。その中には、英国のデザイン集団「コンラン・グループ」が手がけた「キューブキュービック」もある。すでに北米で発売されている個性派SUV「ムラーノ」も登場。燃料電池自動車用の画期的なスーパーモータ ー、ルノーと共同開発した1.4〜1.6リッター・ガソリンエンジンなど、テクノロジーにも注目すべきものが多い。

【スペック】
全長×全幅×全高=3900×1680×1645mm/ホイールベース=2600mm/エンジン=1.4リッター直4
 

■CUBE3+Conran & Partners(キューブキュービック+コンラン&パートナーズ)

「キューブキュービック」をベースとした、英国を代表するデザイン集団「コンラン・グループ」とのコラボレーションモデル。テーマはロンドンが発想した「和」で、日本の美の形として 「丸」をテーマとしている。フロントグリルは小さな真円がモチーフで、マーカーランプやウインカーも円形。リアでは4連のコンビネーションランプが、やはり丸形となっている。フルホイールカバーは、石庭の渦巻きをヒントにしたという。
インテリアでは、エアコンの吹き出し口やシフトレバー、スピーカーグリルなどに、丸をモチーフとしたデザインを導入。「スカイライト」と呼ばれる乳白色のガラスルーフは長円形だ。カラーリングは、エクステリアにはシックなシャドーグレイを採用したのに対し、インテリアには鮮烈なレッドのレザーを配して、ロンドン・テイストのモダンで刺激的な空間を表現している。

関連キーワード:
キューブ日産東京モーターショー2003イベント自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ミツオカ・ヒミコSレザーパッケージ(FR/6AT)【試乗記】 2018.4.18 試乗記 尋常ではない長さのフロントフードと、それに沿って配置される伸びやかなフロントフェンダー。独立独歩のデザインを貫く「ミツオカ・ヒミコ」が2代目へと進化した。富山の小さな自動車メーカーが送り出す、“最新モデル”の出来栄えは!?
  • マツダCX-5 25S Lパッケージ(4WD/6AT)【試乗記】 2018.5.7 試乗記 フルモデルチェンジから1年余り。「マツダCX-5」に早くも手直しが入った。新規技術を出し惜しみせず、矢継ぎ早に投入していくのが“現在”のマツダ流。その進化のほどやいかに!?
  • 日産キューブ15X Vセレクション(FF/CVT)【ブリーフテスト】 2009.3.5 試乗記 ……218万4000円
    総合評価……★★★★

    3代目になった、シカクい日産車「キューブ」。相変わらずユニークな内外装は目を引くが、さて、肝心の乗り心地のほうは……?
  • 第89回:ボディーに突き刺さったリアピラー 2018.5.8 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第89回は「ボディーに突き刺さったリアピラー」。「日産GT-R」デザイン考。筆者イチオシの“リアピラーの折れ曲がり”、その意図とは!? 中村史郎氏のコメントを交え、開発当時の思いに迫る。
  • 三菱エクリプス クロス Gプラスパッケージ(4WD/CVT)【試乗記】 2018.5.10 試乗記 三菱の新型クロスオーバーSUV「エクリプス クロス」に試乗。クーペスタイルの見た目から“オシャレ系SUV”と判断しがちだけれど、だまされてはいけない! 「ランエボ」由来の4WDシステムや高いボディー剛性を備えた、実に真面目なクルマに仕上がっているのだ。
ホームへ戻る