オーテックジャパン、「マーチ」のチューンドカーを発売

2003.10.20 自動車ニュース
 

オーテックジャパン、「マーチ」のチューンドカーを発売

日産自動車の関連会社であるオーテックジャパンは、コンパクトカー「マーチ」の1.2リッターモデルをベースに、エンジンや足まわりをチューニングした特別仕様車「12SR」を設定し、2003年10月15日から販売を開始した。



 

「マーチ 12SR」は、「クルマを操る楽しさを提供するエントリースポーツ」というコンセプトでつくらたスポーツモデル。ベースとなるのは、1.2リッターエンジンを積む「12c」の3ドア、または5ドア。スポーティグレードゆえ、5段MTのみの設定だ。

CR12DEエンジンは、専用ピストンによる圧縮比アップや、高回転型カムプロフィールを採用。エグゾーストマニフォルド径の拡大と、低排圧キャタライザー、専用マフラーの装着により、排気効率を高めた。最高出力はノーマル比20%アップ、18ps高出力の108psを発生する。
足まわりは、専用スポーツチューンドサスペンションに、ノーマル(165/70R14)より大きい185/55R15タイヤの組み合わせ。さらに、高出力化に対応すべく、車体剛性を高めるテールクロスバーなどが装備される。



 

外装は、「14s」と同様のエアロパーツに加え、専用フロントエアスパッツを装着。内装は、スポーツシートや専用シフトノブ&ステアリングなどで、スポーティ感を演出した。

ボディカラーは全4色を設定。価格は、3ドアがベース車より47.0万円高い152.0万円、5ドアは45.0万円高の154.5万円となる。

(webCG 本諏訪)

オーテックジャパン:
http://www.autech.co.jp/

関連キーワード:
マーチ日産自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産マーチ ボレロA30(FF/5MT)【試乗記】 2016.9.15 試乗記 オーテックジャパンの創立30周年を記念した、30台の限定モデル「マーチ ボレロA30」に試乗。オーテックの匠(たくみ)が手がけた“手作りの自動車”の出来栄えやいかに? 専用チューニングの足まわりとエンジンが織り成す走りをリポートする。
  • 日産マーチ ボレロA30(FF/5MT)【試乗記】 2016.11.15 試乗記 オーテックジャパンが、自社の創立30周年を記念してリリースした、30台限定のスペシャルモデル「日産マーチ ボレロA30」。オーテックが、持てるリソースのすべてを注いで作り上げた“特別なマーチ”の走りをリポートする。
  • スズキ・スイフトスポーツ(FF/6AT)【試乗記】 2017.12.12 試乗記 新たにトルコン式の6段ATが搭載された、2ペダル仕様の「スズキ・スイフトスポーツ」。“元気モリモリ”のコンパクトスポーツをイージードライブで走らせるというのはアリなのか? 雨の中のドライブを経てたどり着いた結論を報告する。
  • 日産マイクラ 2016.9.29 画像・写真 日産自動車はパリモーターショー2016(プレスデー:2016年9月29日~9月30日、一般公開日:10月1日~10月16日)で、5世代目となる「日産マイクラ(日本名:マーチ)」を世界初公開した。その姿を画像で紹介する。
  • スズキ・スイフトスポーツ(FF/6MT)【試乗記】 2017.11.8 試乗記 日本を代表するコンパクトスポーツ「スズキ・スイフトスポーツ」がついにフルモデルチェンジ。動力性能も操縦性も乗り心地も、全方位的に進化を遂げた新型だが、2日間にわたる試乗体験ではいまひとつ留飲が下がらなかった。その理由とは?
ホームへ戻る