【東京モーターショー2003プレビュー】ゼネラルモーターズ

2003.10.20 自動車ニュース
 

【東京モーターショー2003プレビュー】ゼネラルモーターズ

世界最大の自動車メーカー、ゼネラルモーターズは、キャディラック、シボレーといったブランドに加え、グループ傘下のオペル、サーブをともなってブースを展開。市販(予定)車を中心に、多彩な顔ぶれを揃える。


【写真上】「キャディラックXLR」
【写真下】「キャディラックSRX」
 

「アート&サイエンス」を掲げるキャディラックは、コンセプトカー「エボーク」の市販モデル、ステルス戦闘機をイメージさせる直線基調のロードスター「XLR」と、「ヴィゾン」の延長線上にある市販版、やはりシャープな顔つきのSUV「SRX」を出展。


「シボレー・エピカ」
 

2004年からスズキが総輸入代理店を務めるシボレー(コルベットを除く)は、ミドルクラスセダン「エピカ」や、4ドアノッチバックセダン「オプトラ」を参考出品する。また、GMグループが力をいれる燃料電池車「Hy-Wire」も興味深い展示車だ。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。