【東京モーターショー2003プレビュー】トヨタ・CROWN CONCEPT(クラウン・コンセプト)

2003.10.19 自動車ニュース
 

【東京モーターショー2003プレビュー】トヨタ・CROWN CONCEPT(クラウン・コンセプト)

新型「プリウス」販売好調が伝えられるトヨタ。東京モーターショーでも「環境と感動」をテーマに掲げ、世界に誇るハイブリッド技術、燃料電池システムを披露。いよいよ日本上陸の高級ブランド「レクサス」、そしてコンパクトカーを担当するグループ企業、ダイハツとブースを隣接させ、会場の一角を占める。もちろん、グランプリシーンで奮戦中のトヨタF1「TF103」、トヨタ製V8ユニットで伝統のインディ500を制したIRLマシンなども展示される。

【スペック】
全長×全幅×全高=4840×1780×1470mm/ホイールベース=2850mm/エンジン=3リッターV6「D-4」/トランスミッション=6段オートマチック/FR
 

■CROWN CONCEPT(クラウン・コンセプト)

年末に登場がウワサされる新型「クラウン」(ロイヤル/アスリート系)の先行発表モデル。ほぼこのカタチで市販されるだろう。国内専用の高級車から世界基準へ進化するために、走りと佇まいを「静」から「躍動」へ一新し、いっぽう伝統である「もてなしの心」は世界最高水準へ昇華したと謳う。
ボディはフロントサブフレームをアルミ化するなどプラットフォームから一新され、サスペンションも新開発。主力となるパワーユニットは約40年ぶりに直6から直噴V6に転換し、ATも新開発の6段と、パワートレインも一新された。



 

また走行車線を維持できるようハンドル操作の補助を行う「レーン・キーピング・アシスト」や、30km/h以下の低速でも先行車との車間距離を保ちながら追従走行を行う「レーダークルーズ・コントロール」など先進のITS(インテリジェント・トランスポート・システム)も備えている。

(写真=田村弥)



 


 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。