【東京モーターショー2003プレビュー】ミツオカ・ヌエラ

2003.10.19 自動車ニュース

【東京モーターショー2003プレビュー】ミツオカ・ヌエラ

富山に本拠を置く、国内最新にして最小の乗用車メーカー、光岡自動車。東京モーターショー初出場となった前回の乗用車ショー(2001年)で発表し多くのひとの度肝を抜いた「オロチ」が再びあらわれる。加えて久々のニューモデル「ヌエラ」も出展される。

■ヌエラ

ミツオカ久々の市販モデルとなるミディアムセダン。同社のデザインアイデンティティ「クラシック」に則った、縦長に口を開ける格子フロントグリル、4つの丸目ヘッドランプ+リーフ型ウィンカーがこのクルマの特徴である。全長4.9mのロングボディに収まるのは、2リッター、2.4リッターの直4。前者には4WDも用意する。
完全受注生産で、東京モーターショーで先行予約受付を行うという。

 
【東京モーターショー2003プレビュー】ミツオカ・ヌエラの画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る