【東京モーターショー2003プレビュー】日産・C-NOTE(シーノート)

2003.10.19 自動車ニュース
 

【東京モーターショー2003プレビュー】日産・C-NOTE(シーノート)

前回の乗用車ショー(2001年)では、「フェアレディZ」と「GT-R」コンセプトの2台のスポーツカーで注目を集めた日産。今回は、いまやこのメーカーの得意分野となった観がある「デザイン」がトピックになる。
全部で6台が用意されるコンセプトカーは、「和」をテーマとしたものが目立つ。その中には、英国のデザイン集団「コンラン・グループ」が手がけた「キューブキュービック」もある。すでに北米で発売されている個性派SUV「ムラーノ」も登場。燃料電池自動車用の画期的なスーパーモータ ー、ルノーと共同開発した1.4〜1.6リッター・ガソリンエンジンなど、テクノロジーにも注目すべきものが多い。

【スペック】
全長×全幅×全高=4240×1695×1550mm/ホイールベース=2600mm
 

■C-NOTE(シーノート)

5ナンバーサイズなボディに、ゆとりの室内空間、上質な仕立て、日常的なシーンでの使いやすさなど、さまざまなコンフォート性能を盛り込んだ小さなプレミアムカー。ボディは室内空間を確保するため、サイドウィンドウをほぼ垂直に立てているが、前後ランプにつながるラインをダイナミックに丸めるなどし、動きのあるフォルムを形づくっている。高めのルーフと適切なヒップポイントがもたらす乗り降りのしやすさもポイントだ。



 

明るいベージュを基調としたキャビンは、余裕のあるヘッドスペースと、前後席とも足を伸ばしてくつろげるレッグスペースを実現。前席は大型セダン並みの大きさを確保し、後席は240mmものロングスライド機構を採用している。モダンなテクスチャーを取り入れたアクセントパネル、穴あき処理を施した本革シ ートも特徴。センターコンソールには最新のITインターフェイスと7インチ大型モニターを装備してある。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。