【東京モーターショー2003プレビュー】ホンダ・KIWAMI(極)

2003.10.19 自動車ニュース
 

【東京モーターショー2003プレビュー】ホンダ・KIWAMI(極)

「自由発想・自在技術」をテーマに掲げるホンダ。ハイブリッドカー、燃料電池車といった環境配慮型の先進技術を駆使したモデルに、自在に操り、自由に楽しむという新しい価値を与えていきたいと意気込む。
ショー直前にデビューする新型「オデッセイ」を筆頭に、ハイブリッド、FC、次期「NSX」スタディモデルなどを出展。“チャレンジングスピリットの原点”F1をはじめとするレーシングマシンも披露する。

【スペック】
全長×全幅×全高=4500×1820×1250mm/ホイールベース=2870mm/燃料電池スタック+モーター
 

■KIWAMI(極)

先進のFC(燃料電池)技術と伝統的な日本の美意識を融合させた新次元のプレミアムセダンのコンセプトモデル。レスポンスとエネルギー効率を高めつつ、コンパクトになったFCシステムによってレイアウトの自由度が増し、また低床化技術とあわせて全長×全幅×全高=4500×1820×1250mmというワイド&ローのプロポーションを実現。ゆとりの室内空間を確保するとともに、低重心による安定したハンドリング性能をもたらした。



 

エッジの効いたエクステリアはかつてのトリノショーに並んでいたデザインスタディのようだが、インテリアは手入れされた庭や陰影が美しい障子のような、日本ならではの和の価値観を基本にデザインされているという。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。