【東京モーターショー2003プレビュー】トヨタ・NLSV(エヌネルエスブイ)

2003.10.18 自動車ニュース
 

【東京モーターショー2003プレビュー】トヨタ・NLSV(エヌネルエスブイ)

新型「プリウス」販売好調が伝えられるトヨタ。東京モーターショーでも「環境と感動」をテーマに掲げ、世界に誇るハイブリッド技術、燃料電池システムを披露。いよいよ日本上陸の高級ブランド「レクサス」、そしてコンパクトカーを担当するグループ企業、ダイハツとブースを隣接させ、会場の一角を占める。もちろん、グランプリシーンで奮戦中のトヨタF1「TF103」、トヨタ製V8ユニットで伝統のインディ500を制したIRLマシンなども展示される。

【スペック】
全長×全幅×全高=3970×1690×1710mm/ホイールベース=2600mm/エンジン=1.3リッター直4
 

■NLSV(エヌネルエスブイ)

「ヴィッツ」に始まるトヨタのコンパクト系プラットフォームに構築されたと思われる、新コンセプト2ボックス。発想の元は「家」だそうで、玄関感覚の「低床大開口ワイヤレス電動スライドドア」から入り込んだ室内はリビングルームのごとく広くフラットで、まるでわが家のように使いやすく、便利だと主張する。ミニバンを凌ぐ1400mmの室内高を確保したというこのリビングルームを走らせるパワーユニットは、1.3リッター直4ガソリン。完成度も高そうに見え、市販も近いのでは?

(写真=田村弥)



 


 


 


 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。