【東京モーターショー2003プレビュー】マイバッハ

2003.10.18 自動車ニュース

【東京モーターショー2003プレビュー】マイバッハ

メルセデスベンツの上位に復活してきた超高級ブランドがマイバッハ。1997年にプロトタイプ版として世界初公開された地が、ここ東京モーターショーだった。

5年を経て発売された市販モデルは、全長5.73mのマイバッハ「57」と、同6.17mの「62」の2本立て。今年は62がブースで観客を待つ。
超のつくラクシャリーカーだけあって、仕様は熟練のクラフツマンの手により入念に組み立てられる完全オーダーメイド。革、天然石などの素材や、フルサポート・リアリクライニングシート、21スピーカー(!)のBOSEオーディオなど、高級装備は枚挙に暇がないくらい。
エンジンは専用のV型12気筒 SOHC36バルブ、インタークーラー付ツインターボの5.5リッターM285型。550ps、91.8kgmという強力なアウトプットで、2.8トンのボディを引っ張る。トランスミッションは5段オートマチックのティップシフト付きだ。

 
【東京モーターショー2003プレビュー】マイバッハの画像
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 超高級「マイバッハ」、日本でも買えます 2002.5.10 自動車ニュース ダイムラークライスラー日本は、2002年秋にヨーロッパでの発売が予定されている超高級リムジン「マイバッハ」の、日本国内における販売、サービス体制を、2002年5月7日に発表した。導入時期、価格などは明らかにされていない。
  • 特別な「メルセデスAMG SLC43」の受注がスタート 2017.6.20 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2017年6月19日、特別仕様車「メルセデスAMG SLC43 RedArt Edition(レッドアートエディション)」を発表。同年8月31日までの期間限定で注文受け付けを開始した。
  • アウディS5クーペ(4WD/8AT)【試乗記】 2017.6.16 試乗記 アウディの2ドアスポーツクーペ「S5クーペ」が新型にモデルチェンジ。新世代のプラットフォームとパワートレインが織り成す走りはいかなるものか。最高出力354ps、最大トルク500Nmという高性能モデルの、意外な素顔を紹介する。
  • レクサスLC500“Sパッケージ”(FR/10AT)【試乗記】 2017.6.19 試乗記 「レクサスの変革を象徴するモデル」として開発された、新型ラグジュアリークーペ「LC500」に試乗。意欲的なデザインや新たなメカニズムは、ドライバーの心をどう満たすのか。さまざまな道で吟味した。
  • トミーカイラZZ(MR)【試乗記】 2017.6.9 試乗記 京都のベンチャー企業、GLMが初めて手がけた量産電気自動車(EV)「トミーカイラZZ」。自動車メーカーとしての第一歩となる99台の限定モデルは、電動パワープラントならではの刺激と、走る楽しさにあふれたピュアスポーツカーだった。
ホームへ戻る