【東京モーターショー2003プレビュー】マイバッハ

2003.10.18 自動車ニュース

【東京モーターショー2003プレビュー】マイバッハ

メルセデスベンツの上位に復活してきた超高級ブランドがマイバッハ。1997年にプロトタイプ版として世界初公開された地が、ここ東京モーターショーだった。

5年を経て発売された市販モデルは、全長5.73mのマイバッハ「57」と、同6.17mの「62」の2本立て。今年は62がブースで観客を待つ。
超のつくラクシャリーカーだけあって、仕様は熟練のクラフツマンの手により入念に組み立てられる完全オーダーメイド。革、天然石などの素材や、フルサポート・リアリクライニングシート、21スピーカー(!)のBOSEオーディオなど、高級装備は枚挙に暇がないくらい。
エンジンは専用のV型12気筒 SOHC36バルブ、インタークーラー付ツインターボの5.5リッターM285型。550ps、91.8kgmという強力なアウトプットで、2.8トンのボディを引っ張る。トランスミッションは5段オートマチックのティップシフト付きだ。

 
【東京モーターショー2003プレビュー】マイバッハの画像
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 超高級大型サルーン「マイバッハ」ちょっと(?)値上げ 2004.12.8 自動車ニュース ダイムラークライスラー日本は、最高級ブランド「マイバッハ」の価格を、2005年1月の受注分から一律値上げする。
  • メルセデスAMG GLA45 4MATIC(4WD/7AT)【試乗記】 2017.7.29 試乗記 メルセデスのコンパクトSUV「GLA」のマイナーチェンジに合わせて、ホットモデルの「AMG GLA45 4MATIC」も最新型へと進化。主な変更点である外装デザインの確認も早々に、リポーターは雨中のドライブに出発。その運動性能をつぶさにチェックした。
  • ダイハツ・ミラ イースG“SA III”/スズキ・アルトX(後編)【試乗記】 2017.8.9 試乗記 ダイハツとスズキのクルマづくりを具現したかのような「ダイハツ・ミラ イース」と「スズキ・アルト」。公道での比較試乗を通して両モデルのキャラクターの違いを浮き彫りにするとともに、これからの軽自動車開発のあり方について考えた。
  • 「アルファ・ロメオ・ジュリエッタ」に40台限定の特別仕様車 2017.7.28 自動車ニュース FCAジャパンが「アルファ・ロメオ・ジュリエッタ」に特別仕様車「ヴェローチェ・クオーレロッソ」を設定。アルファ・ホワイトのボディーカラーとレッドのインテリアカラーという、特別なカラーコンビネーションが特徴で、40台が限定販売される。
  • 【トミカプレミアムNo.21】ホンダNSXタイプR 2017.8.9 トミカ大写真展 高出力のV6エンジンをミドシップレイアウトで搭載する高性能スポーツカーとして、1990年に登場した「ホンダNSX」。アルミモノコックボディーがもたらす高い運動性能と、過去に例のないドライバー中心の車両設計は、世界中のスーパーカーに影響をもたらした。
ホームへ戻る