【東京モーターショー2003プレビュー】ダイハツ・XL-C(エクスエル-シー)

2003.10.18 自動車ニュース
 

【東京モーターショー2003プレビュー】ダイハツ・XL-C(エクスエル-シー)

トヨタグループのダイハツは、市販間近と思しきモデルや、リッター60km(!)という超低燃費ハイブリッドカー、昔懐かしバギータイプの軽など、軽自動車を中心に出展する。親分トヨタは環境を、ダイハツは軽を(ついでにトヨタ系新ブランド「レクサス」はラクシャリーを)メインとし、役割を分担した格好だ。

【スペック】
全長×全幅×全高=3395×1475×1500mm/ホイールベース=2390mm/エンジン=0.66リッター直3 DOHC12バルブ/FF
 

■XL-C(エクスエル-シー)

「スタイリッシュでエレガントなスモールセダン」と謳った、「ミラ・ジーノ」の新型あるいは後継車種と思われるモデル。エッジの効いたデザインのミラに対し、曲線的なラインでまとめたクラシカルなスタイリングが差別化のポイント。独自のデザインのランプ類やアルミ削り出しのアウタードアハンドルやメッシュのグリルなど、ワンランク上を感じさせるパーツなどでプレミアム感を演出しているという。
インテリアは楕円形をモチーフとしたデザインで、シートやトリムにはショーモデルのみだろうが本革が用いられている。パワーユニットは659cc直3DOHCガソリンエンジンである。



 


 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。