【東京モーターショー2003プレビュー】スバル・R1e(アールワンイー)

2003.10.18 自動車ニュース
 

【東京モーターショー2003プレビュー】スバル・R1e(アールワンイー)

水平対向エンジン、左右対称レイアウト「Symmetrical AWD」などユニークな技術、走りにこだわったクルマづくりで知られるスバルのテーマは「Blue Cocoon」(青い繭)。安全や環境に配慮しつつ、走りを通して感動と歓びを提供したいと意気込む。今回、その願いを現実にするアイディアや技術を盛り込んだ、2台のコンセプトカーを含む7台が展示される。
コンセプトカーは、ハイブリッド技術を使ったスポーツモデルや、都市生活にあわせたコンパクトEVなど。次期「プレオ」と目されるコンパクトカー「R2」が、参考出品車としてお披露目されることもニュースだ。ほかに、WRC参戦マシンや、先に発表された「レガシィ」のクロスカントリーモデル「アウトバック」も展示する。

【スペック】
全長×全幅×全高=3330×1550×1420mm/ホイールベース=2195mm/モーター=40kW/トランスミッション=減速ギア(1段固定)
 

■R1e(アールワンイー)

混雑する都市部の移動体としてつくられた電気自動車(EV)。2001年の東京モーターショーに出品された、コンパクトなハイブリッドカー「HM-01」を彷彿とさせるが、ボディサイズはひとまわり小さく、全長×全幅×全高=3330×1550×1420mm、ホイールベース2195mm。全幅は軽自動車より広いが、全長は65mm短い。シートレイアウトは、2+2。
パワーソースは、高性能電池とモーター。排出ガスのないゼロ・エミッション・ヴィークルとすることで、ヒートアイランド現象などの都市環境問題に対応する。電池は、NECラミリオンエナジー(株)が開発した、自動車用マンガン系リチウムイオン組電池。従来のニッケル水素電池に較べてエネルギー密度が高く、小型軽量化が可能だという。モーターからの出力は、減速ギアを介して駆動。AT車のようなイージードライブが謳われる。P-N-R-DのATシフトレンジに加え、回生ブレーキを強く作動させるBレンジを設定。坂道や車庫入れがしやすいよう、クリープ制御を採用するなど、日常での使い勝手にも配慮した。



 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。