【東京モーターショー2003プレビュー】クライスラー/ジープ

2003.10.18 自動車ニュース
 

【東京モーターショー2003プレビュー】クライスラー/ジープ

クライスラーブースには、大型ツーリングワゴン「300Cツーリング」が、コンセプトカーとして展示される。


【写真上下】「300Cツーリング」
 

これは2003年のニューヨークショーに出展された「300C」のワゴンバージョン。クラシカルなデザインのボディは、全長×全幅×全高=4999×1881×1483mm、ホイールベースは3048mmという堂々とした体躯。5.7リッターV8エンジンを搭載、セダンバージョンと違い、こちらは4輪駆動となる。2004年に発売予定のセダン同様、こちらも市販化されるだろう。


「クロスファイア」
 

さらに、発売されたばかりの「クロスファイア」も、市販車として会場に並ぶ。グループ内の「メルセデスベンツSLK」とシャシーコンポーネンツを共用し、アメリカンデザインをかぶせたコンパクトスポーツクーペだ。
あわせてミニバンの元祖「グランドボイジャー」と、現行クライスラーデザインの火付け役「PTクルーザー」も展示。
ジープブランドからは、ワールドプレミアとなる「ジープコンセプトカー」が発表される。その他、2004年モデルの「チェロキーレネゲード」「ラングラースポーツ」も参考出品。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • フォルクスワーゲン・ゴルフTSIハイライン/ゴルフGTI【海外試乗記】 2017.3.1 試乗記 モデルライフ半ばの“テコ入れ”が実施された、最新の「フォルクスワーゲン・ゴルフ」に試乗。新たに開発された1.5リッターターボエンジンや先進のインフォテインメントシステムは、その走りをどう変えたのか? スペイン・マヨルカ島からの第一報。
  • スバル・インプレッサG4 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.21 試乗記 新型「スバル・インプレッサ」のセダンモデル「G4」に試乗。販売の主力となっているハッチバックモデルではなく、あえてマイナーなセダンを選ぶ理由はあるのか? 2リッターエンジン+18インチアルミホイールの上級グレードで検証した。
  • BMW 318iスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.17 試乗記 BMWの「3シリーズ セダン」に、「1シリーズ」や「2シリーズ」と同じ1.5リッター直3ターボを搭載した廉価モデルが登場。そこに“駆けぬける歓び”はあるのか? 走りや乗り心地の印象に加えて、燃費のデータを報告する。
  • BMW 523dラグジュアリー(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.2 試乗記 全方位的進化を遂げた新型「BMW 5シリーズ」。部分自動運転を可能とし、燃費も大幅に改善するなど話題に事欠かないが、実際に運転してひしひしと伝わってきたのは車体の“軽さ”だった。「523dラグジュアリー」に試乗した。
  • 日産ノートe-POWER X モード・プレミア(FF)【試乗記】 2017.2.4 試乗記 シリーズ式ハイブリッドシステム「e-POWER」を搭載する、「日産ノート」のカスタマイズモデル「ノートe-POWER X モード・プレミア」に試乗。高級感を演出した見た目にとどまらない、個性的な走りの質を報告する。
ホームへ戻る