【東京モーターショー2003プレビュー】クライスラー/ジープ

2003.10.18 自動車ニュース
 

【東京モーターショー2003プレビュー】クライスラー/ジープ

クライスラーブースには、大型ツーリングワゴン「300Cツーリング」が、コンセプトカーとして展示される。


【写真上下】「300Cツーリング」
 

これは2003年のニューヨークショーに出展された「300C」のワゴンバージョン。クラシカルなデザインのボディは、全長×全幅×全高=4999×1881×1483mm、ホイールベースは3048mmという堂々とした体躯。5.7リッターV8エンジンを搭載、セダンバージョンと違い、こちらは4輪駆動となる。2004年に発売予定のセダン同様、こちらも市販化されるだろう。


「クロスファイア」
 

さらに、発売されたばかりの「クロスファイア」も、市販車として会場に並ぶ。グループ内の「メルセデスベンツSLK」とシャシーコンポーネンツを共用し、アメリカンデザインをかぶせたコンパクトスポーツクーペだ。
あわせてミニバンの元祖「グランドボイジャー」と、現行クライスラーデザインの火付け役「PTクルーザー」も展示。
ジープブランドからは、ワールドプレミアとなる「ジープコンセプトカー」が発表される。その他、2004年モデルの「チェロキーレネゲード」「ラングラースポーツ」も参考出品。

関連キーワード:
300Cツーリングクライスラージープ東京モーターショー2003イベント自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • クライスラー300C ツーリング 5.7HEMI(FR/5AT)【試乗記】 2006.9.5 試乗記 クライスラー300C ツーリング 5.7HEMI(FR/5AT)
    ……646万8000円

    2006年7月8日、クライスラーのフラッグシップ300Cにステーションワゴン版が登場!ミニバンが人気の日本市場で、アメリカンワゴンはどう受け入れられるのだろうか。その魅力とは。


  • ホンダCRF250ラリー(MR/6MT)【レビュー】 2017.11.11 試乗記 キーワードは「ザ・ダカールレプリカ」。ホンダがダカールラリーに投入するワークスマシンのイメージを受け継いだアドベンチャーモデル「CRF250ラリー」に試乗。乗るものを選ぶような足つき性の“悪さ”に、ホンダの心意気を感じた。
  • スズキGSX-R1000R ABS(MR/6MT)【レビュー】 2017.10.26 試乗記 「The Top Performer」という潔いうたい文句とともに、「スズキGSX-R1000R」がいよいよ日本に正規導入された。世界耐久選手権やMotoGPの技術が取り入れられたという旗艦モデルの走りとは? 公道での試乗を通し、実力の一端を垣間見た。
  • 431psを発する6.1リッターV8「HEMI」搭載「クライスラー 300... 2006.5.18 自動車ニュース
  • ルノー・トゥインゴGT(RR/5MT)【試乗記】 2017.11.11 試乗記