【東京モーターショー2003プレビュー】クライスラー/ジープ

2003.10.18 自動車ニュース
 

【東京モーターショー2003プレビュー】クライスラー/ジープ

クライスラーブースには、大型ツーリングワゴン「300Cツーリング」が、コンセプトカーとして展示される。


【写真上下】「300Cツーリング」
 

これは2003年のニューヨークショーに出展された「300C」のワゴンバージョン。クラシカルなデザインのボディは、全長×全幅×全高=4999×1881×1483mm、ホイールベースは3048mmという堂々とした体躯。5.7リッターV8エンジンを搭載、セダンバージョンと違い、こちらは4輪駆動となる。2004年に発売予定のセダン同様、こちらも市販化されるだろう。


「クロスファイア」
 

さらに、発売されたばかりの「クロスファイア」も、市販車として会場に並ぶ。グループ内の「メルセデスベンツSLK」とシャシーコンポーネンツを共用し、アメリカンデザインをかぶせたコンパクトスポーツクーペだ。
あわせてミニバンの元祖「グランドボイジャー」と、現行クライスラーデザインの火付け役「PTクルーザー」も展示。
ジープブランドからは、ワールドプレミアとなる「ジープコンセプトカー」が発表される。その他、2004年モデルの「チェロキーレネゲード」「ラングラースポーツ」も参考出品。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

300Cツーリングの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る