BMW、高級クーペ「6シリーズ」を発表

2003.10.17 自動車ニュース
 

BMW、高級クーペ「6シリーズ」を発表

BMWジャパンは、新型の高級クーペである「645Ci」を2003年10月14日に発表、10月25日から予約注文を開始する。日本での初公開は、10月25日から11月5日まで開催される「東京モーターショー」となる。



 

■復活した“美しいクーペ”

BMW「6シリーズ」は、1976年にジュネーブショーでデビュー。1980年代にはレースシーンでも活躍した4座クーペで、「世界でもっとも美しいクーペ」とも言われた。今回、その6シリーズが、1989年の生産中止から14年の時を経て復活。日本へのデリバリーが開始される。

ボディサイズは全長×全幅×全高=4830×1855×1375mm、ホイールベースは2780mm。新型5シリーズより若干短い全長を持つが、全高は大幅に低く、BMWいわく「ワイド&ローフォルム」となる。そのボディには、アルミやスチール、樹脂などを各部に使い分けて採用し、軽量化が図られた。オールアルミ製となるシャシーとサスペンションもダイエットに大きく貢献し、走行性能の向上にも寄与する。

シャシーコントロールには、BMWではお馴染みのアンチスピンデバイス「DSC(ダイナミック・スタビリティ・コントロール)」や、コーナリング時にボディロールを抑える「ダイナミックドライブ」が用いられる。さらに可変ギアレシオステアリングの「アクティブ・ステアリング」も新型5シリーズに続き採用。各種電子制御との組み合わせにより、高い運動性能と走行安定性を実現したという。



 

■ダイナミックなドライビングを実現

エンジンは新型5、7シリーズにも載る、可変バルブタイミングシステム「ダブルVANOS」付き4.4リッターV8 DOHC。最高出力333ps/6100rpmと最大トルク45.9kgm/3600rpmを発生する。組み合わせるトランスミッションは、2ペダルMTの「SMG」(6段)と、6段AT(ステップトロニック付き)だ。

ラクシャリーでありながら、スポーティを謳う6シリーズには、「DDC(ドライビング・ダイナミック・コントロール)」が備わる。これは「スポーツ」スイッチを押すことにより、車両をスポーティモードに変貌させるというもの。エンジン制御システムの変更で、アクティブ・ステアリングのアシスト量軽減によるダイレクト感の増加に加え、ATではシフトタイミングが高回転よりになり、SMGでは変速時間やギアシフトの設定変更も行われる。

フロント/サイドエアバッグはもちろん、ブレーキアシストシステムの「DBC(ダイナミック・ブレーキ・コントロール)」、18インチのランフラットタイヤを標準装着し、安全装備も充実。DVDナビゲーションシステムやETC車載器システムも、ラクシャリーカーらしく標準装備となる。

モノグレードとなる「645Ci」は、6段ATが990.0万円、SMGが1000.0万円のプライスタグを付ける。ハンドル位置は左/右両方を選択可能。2003年10月25日から予約注文を受け付け、デリバリー開始は2004年春頃になる予定という。

(webCG 本諏訪)

BMWジャパン:
http://www.bmw.co.jp/

関連キーワード:
6シリーズ クーペBMW自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW M2クーペ(FR/6MT)【試乗記】 2017.8.14 試乗記 BMWのMモデルならではのスポーツマインドが、最もコンパクトかつピュアな形で表現された「M2クーペ」。遅れて加わった6段MT仕様は、自らの意思で操る、スポーツカーの根源的な楽しさに満ちていた。
  • BMW M2クーペ(FR/7AT)【試乗記】 2016.6.10 試乗記 最もコンパクトなBMW Mモデルとなる「M2クーペ」に試乗。その引き締まったボディーと、3リッターの直6ターボエンジンが織り成す走りは、われわれがBMWと聞いて期待するスポーティーさにあふれていた。
  • 【東京モーターショー2017】スバル、「BRZ STIスポーツ」を発表 2017.9.25 自動車ニュース スバルが「BRZ STIスポーツ」を東京モーターショーで発表する。スバルとSTIが共同開発した「BRZ」の最上級グレードで、ボディー剛性の向上と足まわりの専用チューニングにより、ドライバーが意のままに操れるハンドリング特性と上質な乗り心地を実現している。
  • 「BMW 2シリーズ クーペ/カブリオレ」が新たなデザインで発売 2017.8.29 自動車ニュース
  • ポルシェ911タルガ4 GTS(4WD/7AT)【試乗記】 2017.10.19 試乗記