【東京モーターショー2003プレビュー】ホンダ・IMAS(アイエムエーエス)

2003.10.17 自動車ニュース
 

【東京モーターショー2003プレビュー】ホンダ・IMAS(アイエムエーエス)

「自由発想・自在技術」をテーマに掲げるホンダ。ハイブリッドカー、燃料電池車といった環境配慮型の先進技術を駆使したモデルに、自在に操り、自由に楽しむという新しい価値を与えていきたいと意気込む。
ショー直前にデビューする新型「オデッセイ」を筆頭に、ハイブリッド、FC、次期「NSX」スタディモデルなどを出展。“チャレンジングスピリットの原点”F1をはじめとするレーシングマシンも披露する。

【スペック】
全長×全幅×全高=4050×1755×1300mm/ホイールベース=2400mm/ハイブリッド
 

■IMAS(アイエムエーエス)

風と一体となって走る、自転車感覚の爽快感を目指したライトウェイトスポーツのコンセプトモデル。スポーツ性能と環境性能の両立を念頭に、軽量化と空力を徹底して追求。カーボンコンポジットボディは車重700kgとCd値=0.20を達成、パワートレインに採用したハイブリッドの「ホンダIMAシステム」と相まって、リッターあたり40km以上の低燃費を実現したという。
そのほか、最適なステアリング操作をもたらす「VGSシャフトレス・ステアリング」や、アクセル操作に対して自然でリニアな反応が得られる「ドライブ・バイ・ワイヤ」など先進の電子制御技術も採用している。



 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。