【東京モーターショー2003プレビュー】マツダ・ロードスター・ターボ

2003.10.17 自動車ニュース
 

【東京モーターショー2003プレビュー】マツダ・ロードスター・ターボ

フォード傘下のマツダブースには、世界的ヒットモデル「ロードスター」の未来像という「息吹」、コンパクトスポーツの提案「楔」、次世代のピープルムーバー「鷲羽」など、漢字を使った“和名シリーズ”のコンセプトカーが並ぶ。またロータリーエンジンをつくる世界唯一のメーカーとして、「RX-8」に「水素ロータリーユニット」を載せた“環境型エイト”も参考出品する。

【スペック】
全長×全幅×全高=3955×1680×1235mm/ホイールベース=2265mm/トレッド=前1415mm・後1440mm/乗車定員=2人/エンジン=直列4気筒DOHCターボチャージャー/トランスミッション=6段MT/サスペンション=前後ダブルウィッシュボーン/ブレーキ=前ベンチレーテッドディスク・後ディスク/タイヤ=205/40R17
 

■ロードスター・ターボ

2004年前半に限定販売が予定されている「ロードスター」のハイパフォーマンスバージョン。ライトウェイトスポーツカーには、パワフルに操る楽しみ方もあるはずで、それを求める人々への回答である。
1.8リッターエンジン搭載のRSをベースに、ターボチャージャーを追加し、最高出力/トルクは未定だが、パワーアップを図ったもの。ターボエンジンとしては高めの圧縮比によって低速域のトルクを増し、扱いやすくスムーズな走りを実現したという。



 

同時にラジエター、ギアボックス、クラッチ、ドライブシャフト、デフ、エンジンマウントなどの強化や最適化も実施。もちろん足まわりもチューニングが施されるが、シルバー塗装のビルシュタインダンパー、ローダウンしたレッド塗装のコイルスプリング、シルバー塗装のブレーキキャリパーなど、視覚的なチューンも行なう。アルミホイールは17×7.0Jの専用デザイン。外観上は前後バンパーやスポイラー、ヘッドライトなどに独自のデザインを施し、室内では各部に赤とアルミ調を取り入れるなど、ノンターボとの差別化を図る。



 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ロードスターの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る