【東京モーターショー2003プレビュー】マツダ・ロードスター・ターボ

2003.10.17 自動車ニュース
 

【東京モーターショー2003プレビュー】マツダ・ロードスター・ターボ

フォード傘下のマツダブースには、世界的ヒットモデル「ロードスター」の未来像という「息吹」、コンパクトスポーツの提案「楔」、次世代のピープルムーバー「鷲羽」など、漢字を使った“和名シリーズ”のコンセプトカーが並ぶ。またロータリーエンジンをつくる世界唯一のメーカーとして、「RX-8」に「水素ロータリーユニット」を載せた“環境型エイト”も参考出品する。

【スペック】
全長×全幅×全高=3955×1680×1235mm/ホイールベース=2265mm/トレッド=前1415mm・後1440mm/乗車定員=2人/エンジン=直列4気筒DOHCターボチャージャー/トランスミッション=6段MT/サスペンション=前後ダブルウィッシュボーン/ブレーキ=前ベンチレーテッドディスク・後ディスク/タイヤ=205/40R17
 

■ロードスター・ターボ

2004年前半に限定販売が予定されている「ロードスター」のハイパフォーマンスバージョン。ライトウェイトスポーツカーには、パワフルに操る楽しみ方もあるはずで、それを求める人々への回答である。
1.8リッターエンジン搭載のRSをベースに、ターボチャージャーを追加し、最高出力/トルクは未定だが、パワーアップを図ったもの。ターボエンジンとしては高めの圧縮比によって低速域のトルクを増し、扱いやすくスムーズな走りを実現したという。



 

同時にラジエター、ギアボックス、クラッチ、ドライブシャフト、デフ、エンジンマウントなどの強化や最適化も実施。もちろん足まわりもチューニングが施されるが、シルバー塗装のビルシュタインダンパー、ローダウンしたレッド塗装のコイルスプリング、シルバー塗装のブレーキキャリパーなど、視覚的なチューンも行なう。アルミホイールは17×7.0Jの専用デザイン。外観上は前後バンパーやスポイラー、ヘッドライトなどに独自のデザインを施し、室内では各部に赤とアルミ調を取り入れるなど、ノンターボとの差別化を図る。



 
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)/ロードスターRF VS(FR/6AT)【試乗記】 2017.3.31 試乗記 クーペの快適性とオープンカーならではの気持ちよさを1台で味わわせてくれる「マツダ・ロードスターRF」。この欲張りなロードスターに2日間、距離にして約500km試乗し、“ちょい乗り”では決して見えてこない、その魅力の深奥に迫った。
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)【試乗記】 2017.2.2 試乗記 電動式のリトラクタブルハードトップと、専用デザインのリアセクションを持つ「マツダ・ロードスターRF」のスポーティーグレード「RS」に試乗。ソフトトップモデルとは一味違う、走りの魅力をリポートする。
  • ホンダ・シビック タイプR 2017.7.27 画像・写真 最高出力320psの2リッターターボエンジンを搭載した新型「ホンダ・シビック タイプR」。ニュルブルクリンク北コースで7分43秒80というタイムを記録したハイパフォーマンスモデルの姿を、迫力の空力パーツとともに紹介する。
  • メルセデス・ベンツE400 4MATICクーペ スポーツ(4WD/9AT)【試乗記】 2017.8.3 試乗記 スリーポインテッドスターにとって最新の2ドアモデルである、新型「メルセデス・ベンツEクラス クーペ」。代々受け継がれてきた伝統のピラーレスハードトップがもたらす開放感に浸りながら、メルセデス自慢の先進装備の出来栄えを試した。
  • スズキ・エスクード1.4ターボ 2017.7.26 画像・写真 スズキのコンパクトSUV「エスクード」に新グレード「1.4ターボ」が登場。日本初導入の1.4リッター直4直噴ターボエンジンに加え、専用のメッキグリルなどで飾られたスポーティーなルックスも特徴とされている。同車の姿を、写真で紹介する。
ホームへ戻る