【東京モーターショー2003プレビュー】ミツオカ・オロチ(大蛇)

2003.10.17 自動車ニュース
 

【東京モーターショー2003プレビュー】ミツオカ・オロチ(大蛇)

富山に本拠を置く、国内最新にして最小の乗用車メーカー、光岡自動車。東京モーターショー初出場となった前回の乗用車ショー(2001年)で発表し多くのひとの度肝を抜いた「オロチ」が再びあらわれる。加えて久々のニューモデル「ヌエラ」も出展される。

【スペック】
全長×全幅×全高=4585×2060×1165mm/ホイールベース=2570mm/エンジン=3.3リッターV6
 

■オロチ(大蛇)

ランボルギーニ「ディアブロ」を彷彿とさせるローラインかつ有機的な(おどろおどろしい?)カタチを身に纏う「オロチ」。内装すらできあがっていないモックアップだった前回から、より現実味をおびた状態となって2度目のお披露目である。
蛇の如く獲物を見据えた様をイメージしたフロントマスクなどは前回同様。リアは公道を走るためにモディファイを受けたという。初公開となる内装は、革を多用しなまめかしい雰囲気を出しているが、エクステリアほど強烈なインパクトはなさそう。



 

エンジンは3.3リッターV6でミドにマウント。ATを載せるつもり、と資料にはある。ディメンションは、前回比で7mm短く、10mm幅広く、27mm高くなったという。

関連キーワード:
オロチミツオカ東京モーターショー2003イベント自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事 ホームへ戻る