【東京モーターショー2003プレビュー】三菱・SE・RO(セロ)

2003.10.16 自動車ニュース
 

【東京モーターショー2003プレビュー】三菱・SE・RO(セロ)

筆頭株主、ダイムラークライスラーとの“アライアンスメリット”で新天地を切り開きたいスリーダイヤモンド、三菱自動車は、「お客様のライフスタイルにステキな変化や感動をもたらしてくれる“パーソナルな4台のコンセプトカー”」を披露する。

【スペック】
全長×全幅×全高=3395×1475×1675mm/ホイールベース=2560mm/エンジン=0.66リッター直3 DOHC12バルブ・ターボ「MIVEC」/トランスミッション=CVT
 

■SE・RO(セロ)

「i」と同様に、パワートレインをミドマウントする「MRプラットフォーム」を採用し、軽規格に収めたコンセプトカー。「SE・RO」という車名はSecret Room(隠れ家)に由来し、「少年時代の思い出にある秘密基地」をイメージしたという。
エクステリアは背高プロポーションでスペース効率を追求しながらも、丸みを帯びたモノフォルムを採用。飛行船のような紡錘形ボディの外板パネルは職人によるアルミ手叩きで、懐かしさと未来感を融合させた。



 

インテリアは前席をコクピット、後席をリビングに見立て、2つの異なる空間のコントラストを表現している。パワートレインは「i」のそれを軽規格にスケールダウンし、ターボを装着した直3 DOHC12バルブ660ccエンジンとCVTの組み合わせである。



 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。