【東京モーターショー2003プレビュー】アウディ

2003.10.16 自動車ニュース
 

【東京モーターショー2003プレビュー】アウディ

アウディ・ブースでは、フランクフルトショーから移動してきた2台のコンセプトカーが注目される。


【写真上】「ルマン・クワトロ」
【写真下】「パイクスピーク・クワトロ」
 

ひとつは、3連覇を果たしたルマン24時間レースの名を冠する「ルマン・クワトロ」。FSI直噴5リッターV10気筒DOHCのツインターボ610PSエンジンをミドシップに搭載した、2シーターのスーパースポーツカー。駆動方式はもちろんクワトロ(フルタイム4WD)で、基本トルク配分は前後40:60。0-100km/h加速は3.7秒という。基本骨格はアルミのスペースフレームを採用し、車両重量を1530kgに抑える。顔は、アウディを象徴する大きなグリルを開け、その左右にもルーバー付の大きなインテークを配し、上端部には薄目のLEDヘッドライトを組み込む。数年後の生産化を目指しているともいう。


「A8・4.2クワトロ」
 

次のジャパンプレミアは「パイクスピーク・クワトロ」。大型高級SUVが全盛のアメリカ、北米ショーでデビューしていたもの。「オールロードクワトロ」より上の、さらに大きく高性能でラクシュリーなクラスに打って出る。V8・4.2リッターFSIのツインターボ500PSエンジンを積むクワトロ。足まわりは車高調整機構付アダプティブ・エアサスペンション。室内は2+2+2の6人乗り。これもいずれ市販されるであろう。

このほかには日本市場導入が決まったフラッグシップ「A8・4.2クワトロ」をはじめ、「A3・3.2クワトロ」「TTクーペ3.2クワトロ」「オールロードクワトロ4.2」「RS6」「S4アバント」などを出展する。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

A8の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る