【東京モーターショー2003プレビュー】マツダ・KUSABI(楔・くさび)

2003.10.16 自動車ニュース
 

【東京モーターショー2003プレビュー】マツダ・KUSABI(楔・くさび)

フォード傘下のマツダブースには、世界的ヒットモデル「ロードスター」の未来像という「息吹」、コンパクトスポーツの提案「楔」、次世代のピープルムーバー「鷲羽」など、漢字を使った“和名シリーズ”のコンセプトカーが並ぶ。またロータリーエンジンをつくる世界唯一のメーカーとして、「RX-8」に「水素ロータリーユニット」を載せた“環境型エイト”も参考出品する。

【スペック】
全長×全幅×全高=3800×1750×1290mm/ホイールベース=2490mm/トレッド=前1545mm・後1545mm/乗車定員=4人(2+2)/エンジン=FF/1.3リッター直列4気筒DOHCスーパーチャージャー付150ps(110kW)/トランスミッション=6段ATマニュアルシフト付/サスペンション=前マクファーソン・ストラット・後トーションビーム/ブレーキ=前ベンチレーテッドディスク・後ディスク/タイヤ=205/50R17
 

■KUSABI(楔・くさび)

「日常を楽しむ次世代コンパクトスポーツ」の提案。コンパクトカー本来の特性を活かしながら、毎日の暮らしをよりアグレッシブかつスポーティに楽しめるクルマを目指したという。
キャビン後部のラゲッジスペースには、左右ふたつのテールゲートを設置、一体で開く通常のハッチゲートのほかに、左右それぞれがガルウィングドアのようにも開けられる。後席へのアクセス性向上のために、前席には、バックレストが内側に回転するスイングシートバックを採用。MZR1.3リッターエンジンはデュアルS-VTに加え、スーパーチャージャーを付加するが、新開発4連エレキスロットルを採用して鋭いレスポンスを実現。環境・燃費に関しては、アイドルストップ機構を採用。



 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。