【東京モーターショー2003プレビュー】ヒュンダイ

2003.10.16 自動車ニュース
 

【東京モーターショー2003プレビュー】ヒュンダイ

ヒュンダイ・ブースで最も目立つのは、ワールドプレミアとなった「NEOS-II(ネオス-II)」。CUV(クロスオーバー・ユーティリティー・ビークル)と名付けて提案。基本的にはオフロードとオンロードのクロスオーバーを目指す。


【写真上】「NEOS-II(ネオス-II)」
【写真下】「CCS」
 

とはいえ、コンパクトカー「TB」を僅かに超える程度のボディサイズに、「大きくて小さい」と称し、前席優先で広くパーソナルな空間を確保したことがもっと重要とか。エクステリアは、ちょっと凄みをきかせた顔と、真っ黒に赤をあしらった個性的なもの。携帯電話をインテリジェントキイとして用いたり、ステアリングの方向に合わせて照射範囲を変化させるAFS(ステアリング連動ランプ)などのアイディアをみせる。全長×全幅×全高=3850×1775×1585mm、ホイールベースは2570mm、タイヤサイズ255/35ZR20で、乗車定員は4名だ。

次は日本初登場の「CCS」。クーペ・コンバーチブル・スタディの名が示すように、既存のクーペをベースにして、カルマン社と共同開発・製作したクーペ・コンバーチブルの提案。電動スライド&折りたたみ可能なガラスルーフ機構をもつことが大きな特徴。将来はこの部分にソーラーパネルを内蔵するなどの応用も検討中とか。全長×全幅×全高=4395×1760×1330mm、ホイールベース2530mm、タイヤサイズ225/40ZR18、乗車定員4名。エンジンは2657cc・V6DOHC24バルブ167PS(122.9kW)で、6段マニュアルを介し、前輪を駆動する。

このほかにはマイナーチェンジされた中核セダン「エラントラ」と、プレスティッジサルーンの「XG」、コンパクトカーのTBも出展。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。