マツダのグローバルカー「アクセラ」デビュー!

2003.10.15 自動車ニュース
 

マツダのグローバルカー「アクセラ」デビュー!

マツダは、新型車「アクセラ」を、2003年10月15日に発売した。伝統の「ファミリア」の後を継ぐマツダのグローバルモデルで、4ドアセダン「アクセラ」と、5ドアハッチバック「アクセラスポーツ」の2本立てとなる。


【写真上】新任の井巻久一社長は「アクセラは、単なる“新型”ではなく“新種”として新しい基準をうみだしたモデル。次世代コンパクトカーとして、世界のトップを目指している」と語った。
【写真上下】4ドアセダン「アクセラ」
 

■世界市場に向けた“脱皮”

かねてから写真、名前、ショーカーなどで情報が公表されていた「アクセラ(Axela)」が、いよいよ発売されることとなった。
「ファミリア」の後継で、運転する楽しみを前面に押し出したセダン/ハッチバックモデル。「アテンザ(海外名Mazda6)」(2002年5月発売)、「デミオ(同Mazda2)」(2002年8月)、そして「RX-8」(2003年4月)に次ぐ、マツダの次世代商品群の第4弾という位置付けで、欧州をはじめとする世界各国では「Mazda3」の名で販売される世界戦略車でもある。
1963年にバンとして登場、その後乗用車となり8代も続いた伝統のファミリアを廃し、すべてを一新したアクセラとして再出発を図ったのは、海外市場を視野に入れた結果の必然の成り行きといえる。


5ドアハッチバック「アクセラスポーツ」
 

プラットフォームは新設計。将来的に次期フォード「フォーカス」と共有されると思われる。パワーユニットは、親分フォードとマツダが共同開発し、アテンザから搭載されたグローバルエンジン「MZR」シリーズ。4ドアセダン、5ドアハッチともに、1.5、2、2.3リッターの直4を3種類用意する。トランスミッションはマニュアルモード付き4段ATをメインに、1.5リッターでのみ5段MTも選べる。

価格は、セダン、ハッチとも共通で、139.5万円から195.0万円まで。国内の月販目標台数は合計で2500台という。


「アクセラスポーツ」
 

■ポイントは“走り”における性能

エクステリアのデザインは、張り出したフェンダーなどにより塊感あるフォルムを形づくり、「躍動感と力強さ」を表現。セダン、ハッチとも、すっかりお馴染みとなった五角形グリルでマツダ車であることをアピールしつつ、セダンにはエレガントや洗練、ハッチにはスポーティ、アグレッシヴといった性格を与えたという。また2.3リッターモデルは専用の外装品でスポーティさをアップさせた。

インテリアでは、マツダのクラフトマンシップのキーとされる「カスタマーディライト」を追い求め、間接照明でブルーに光る3眼ブラックアウトメーター、人間工学に基づいてつくられたというスイッチ類のイルミネーションなどで「ワクワクする楽しさ」を演出する

ボディサイズは、ファミリアよりひとまわり大きくなった。セダンが全長×全幅×全高=4485×1745×1465mm、ハッチはそれより80mm短く、また2.3リッターモデルは数十mm長い。ホイールベースは2640mmだ。



 

アクセラのセリングポイントは、“走り”における性能。その要となるエンジンは、マツダに加えフォードの各モデルにも載るMZRユニットだ。
「VIS(バリアブル・インダクション・システム)」や「低抵抗エアクリーナー+等長ロング吸気マニフォルド」などにより、全回転域にわたりトルクアップを図ったのが特徴。1.5リッターは最高出力114ps/6000rpm、最大トルク14.3kgm/4500rpm、2リッターは150ps/6500rpm、18.7kgm/4500rpm、そして2.3リッターは171ps/6500rpm、21.8kgm/4000rpmというアウトプットだ。

全車に設定される4段ATには、シフターを操りマニュアル感覚でギアチェンジできる「アクティブマチック」が備わる。2.3リッター用はファイナルギアレシオをローギア(4.416)とし加速性能を高め、スポーティな味付けに。また1.5リッターでのみ選べる5段MTは、負荷の大きな1、2速にダブルコーンシンクロを採用し、シフト操作力を軽減するとともにショートストローク化したという。


「アクセラスポーツ」のラゲッジスペース。リアサスペンションの車内への張り出しを抑え広くした。床下にも収納スペースが設けられる。分割可倒式の後席を倒せばさらに広々。
 

走りを支える足まわりは、前マクファーソンストラット、後マルチリンクのサスペンション。リアサスはアテンザと同形式である。ボディは全体、局部において剛性を強化した。

環境面では、「EGR(排ガス循環浄化システム)、エンジン内のフリクション低減などにより、全車「超-低排出ガス」認定を取得。ハッチの2リッター+ダイナミック・スタビリティ・コントロール装着車と1.5リッター仕様は2010年燃費基準をクリアし、グリーン税制に適合した。
また安全面では、高剛性・安全ボディ「MAGMA」の採用に加え、デュアルステージタイプの前席SRSエアバッグを標準装備。SRSカーテン&フロントサイドエアバッグはメーカーオプションとなる。また4輪ABSやブレーキアシスト(全車標準)、ダイナミック・スタビリティ・コントロール、オートライトシステム、レインセンサーワイパー(以上オプション)などのアクティブセーフティも用意した。


フォードと共同で開発した「MZR」ユニットが搭載される。
 

価格は以下の通り(4ドアセダン「アクセラ」、5ドアハッチバック「アクセラスポーツ」共通)。

15F(1.5リッター+5MT) 139.5万円
15F(1.5リッター+4AT) 148.0万円
20C(2リッター+4AT) 175.0万円
23S(2.3リッター+4AT) 195.0万円

(webCG 有吉)

マツダ「アクセラ」:
http://www.axela.mazda.co.jp/

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

アクセラセダンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る