【東京モーターショー2003プレビュー】日産・FUGA(フウガ)

2003.10.15 自動車ニュース
 

【東京モーターショー2003プレビュー】日産・FUGA(フウガ)

前回の乗用車ショー(2001年)では、「フェアレディZ」と「GT-R」コンセプトの2台のスポーツカーで注目を集めた日産。今回は、いまやこのメーカーの得意分野となった観がある「デザイン」がトピックになる。
全部で6台が用意されるコンセプトカーは、「和」をテーマとしたものが目立つ。その中には、英国のデザイン集団「コンラン・グループ」が手がけた「キューブキュービック」もある。すでに北米で発売されている個性派SUV「ムラーノ」も登場。燃料電池自動車用の画期的なスーパーモータ ー、ルノーと共同開発した1.4〜1.6リッター・ガソリンエンジンなど、テクノロジーにも注目すべきものが多い。

【スペック】
全長×全幅×全高=4930×1850×1510mm/ホイールベース=2950mm
 

■FUGA(フウガ)

スポーティなエクステリアとルーミーなインテリアを両立させた、新しい高級車の方向性を提案するモデル。エアロダイナミクスに優れたエクステリアは、長いホイールベースとキャビン、高めの全高が、広い室内空間を予感させる。
身長180cmクラスの乗員が前後に着座したときにも、後席乗員が足を伸ばせる空間を実現したインテリアは、「和」のイメージと現代的なテイストを融合させた「ジャパニーズ・モダン」で統一。最先端のIT/テレマティクス技術も盛り込んだ。



 

プラットフォームには、「スカイライン」や「フェアレディZ」でおなじみの「FMパッケージ」を採用し、スポーティな走りとしなやかな乗り心地を高次元で両立。安全性も、VDC(ビークル・ダイナミクス・コントロール)やプリクラッシュシートベルトなど、最高水準のテクノロジーを投入している。



 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

フーガの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 日産フーガハイブリッド(FR/7AT)【試乗記】 2015.3.13 試乗記 日産のプレミアムセダン「フーガ」がエクステリアデザインの大幅な変更を伴うマイナーチェンジを受けた。最も人気の高いグレード「ハイブリッド」でその進化を確かめた。
  • 日産スカイライン200GT-t Type SP(FR/7AT)【試乗記】 2014.7.28 試乗記 久々の4気筒ターボはまさかのドイツ製。メルセデスのエンジンを搭載した「200GT-t」に「スカイライン」の“らしさ”はあるか? その走りを試した。
  • 日産スカイライン350GT ハイブリッド Type SP(FR/7AT)【試乗記】 2014.5.6 試乗記 数々の次世代技術を搭載し、かつてないドライビングプレジャーを提供するという最新型「スカイライン」。その実力は、どれほどのものなのか? 最上級グレード「Type SP」で試した。
  • 日産フーガ250GT(FR/7AT)【試乗記】 2010.3.11 試乗記 日産フーガ250GT(FR/7AT)
    ……523万9500円


    2009年11月に初のフルモデルチェンジを受けた「日産フーガ」。一見、“デザイン重視”で登場したかのように見える2代目だが、実際のところはどうなのか? 売れ筋の2.5リッターモデルを試した。
  • 日産フーガハイブリッド(FR/7AT)【試乗記】 2011.1.26 試乗記 日産フーガハイブリッド(FR/7AT)
    ……646万8000円

    燃費性能を声高にアピールする、日産の高級セダン「フーガハイブリッド」。その主張の真偽のほどを、長距離ドライブで試した。
ホームへ戻る