【東京モーターショー2003プレビュー】日産・FUGA(フウガ)

2003.10.15 自動車ニュース
 

【東京モーターショー2003プレビュー】日産・FUGA(フウガ)

前回の乗用車ショー(2001年)では、「フェアレディZ」と「GT-R」コンセプトの2台のスポーツカーで注目を集めた日産。今回は、いまやこのメーカーの得意分野となった観がある「デザイン」がトピックになる。
全部で6台が用意されるコンセプトカーは、「和」をテーマとしたものが目立つ。その中には、英国のデザイン集団「コンラン・グループ」が手がけた「キューブキュービック」もある。すでに北米で発売されている個性派SUV「ムラーノ」も登場。燃料電池自動車用の画期的なスーパーモータ ー、ルノーと共同開発した1.4〜1.6リッター・ガソリンエンジンなど、テクノロジーにも注目すべきものが多い。

【スペック】
全長×全幅×全高=4930×1850×1510mm/ホイールベース=2950mm
 

■FUGA(フウガ)

スポーティなエクステリアとルーミーなインテリアを両立させた、新しい高級車の方向性を提案するモデル。エアロダイナミクスに優れたエクステリアは、長いホイールベースとキャビン、高めの全高が、広い室内空間を予感させる。
身長180cmクラスの乗員が前後に着座したときにも、後席乗員が足を伸ばせる空間を実現したインテリアは、「和」のイメージと現代的なテイストを融合させた「ジャパニーズ・モダン」で統一。最先端のIT/テレマティクス技術も盛り込んだ。



 

プラットフォームには、「スカイライン」や「フェアレディZ」でおなじみの「FMパッケージ」を採用し、スポーティな走りとしなやかな乗り心地を高次元で両立。安全性も、VDC(ビークル・ダイナミクス・コントロール)やプリクラッシュシートベルトなど、最高水準のテクノロジーを投入している。



 

関連キーワード:
フーガ日産東京モーターショー2003イベント自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産フーガハイブリッド(FR/7AT)【試乗記】 2015.3.13 試乗記 日産のプレミアムセダン「フーガ」がエクステリアデザインの大幅な変更を伴うマイナーチェンジを受けた。最も人気の高いグレード「ハイブリッド」でその進化を確かめた。
  • 日産フーガ250GT(FR/7AT)【試乗記】 2010.3.11 試乗記 日産フーガ250GT(FR/7AT)
    ……523万9500円


    2009年11月に初のフルモデルチェンジを受けた「日産フーガ」。一見、“デザイン重視”で登場したかのように見える2代目だが、実際のところはどうなのか? 売れ筋の2.5リッターモデルを試した。
  • 日産フーガ250GT(FR/5AT)【試乗記】 2005.3.1 試乗記 日産フーガ250GT(FR/5AT)
    ……389万5500円

    19インチホイールを装着した3.5リッターモデルばかりが話題となっていた日産「フーガ」だが、今回は二玄社編集顧問大川悠が2.5リッターモデルに試乗した。そこには、日産の目指す新しいセダン像がより明確な形で表れていたのである。


  • 日産フーガハイブリッド(FR/7AT)【試乗記】 2011.1.26 試乗記 日産フーガハイブリッド(FR/7AT)
    ……646万8000円

    燃費性能を声高にアピールする、日産の高級セダン「フーガハイブリッド」。その主張の真偽のほどを、長距離ドライブで試した。
  • レクサスLS500h“エグゼクティブ”/LS500“Fスポーツ”/LS500h“Fスポーツ”【試乗記】 2017.12.21 試乗記 11年ぶりにフルモデルチェンジした、レクサスのフラッグシップセダン「LS」の仕上がりは? 伊豆の峠道やクローズドコースで、ハイブリッドモデル「LS500h」と、新開発ターボエンジン搭載車「LS500」に試乗した。
ホームへ戻る