【東京モーターショー2003プレビュー】ホンダ・ASM(エーエスエム)

2003.10.15 自動車ニュース
 

【東京モーターショー2003プレビュー】ホンダ・ASM(エーエスエム)

「自由発想・自在技術」をテーマに掲げるホンダ。ハイブリッドカー、燃料電池車といった環境配慮型の先進技術を駆使したモデルに、自在に操り、自由に楽しむという新しい価値を与えていきたいと意気込む。
ショー直前にデビューする新型「オデッセイ」を筆頭に、ハイブリッド、FC、次期「NSX」スタディモデルなどを出展。“チャレンジングスピリットの原点”F1をはじめとするレーシングマシンも披露する。

【スペック】
全長×全幅×全高=4840×1830×1790mm/ホイールベース=2900mm/エンジン=V6+モーター
 

■ASM(エーエスエム)

来春に市販が予定されている、日産「エルグランド」やトヨタ「アルファード」に真っ向勝負を挑むフルサイズミニバンのプロトタイプ。エクステリア、インテリアともにクルーザーをデザインモチーフとし、オーバルフォルムのなかに8人がゆったりと過ごすことのできる空間を確保。
パワーユニットは、高出力と環境性能を両立させた、V6ガソリンエンジンとモーターのハイブリッドである「ホンダIMAシステム」で、スムーズかつ静かな走りを実現。パッケージをはじめ、デザイン、パワートレインなどすべてにおいて先進と上質を追求したハイブリッド8シーターサルーンと謳っている。



 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。