【東京モーターショー2003プレビュー】ダイハツ・Tanto(タント)

2003.10.15 自動車ニュース
 

【東京モーターショー2003プレビュー】ダイハツ・Tanto(タント)

トヨタグループのダイハツは、市販間近と思しきモデルや、リッター60km(!)という超低燃費ハイブリッドカー、昔懐かしバギータイプの軽など、軽自動車を中心に出展する。親分トヨタは環境を、ダイハツは軽を(ついでにトヨタ系新ブランド「レクサス」はラクシャリーを)メインとし、役割を分担した格好だ。

【スペック】
全長×全幅×全高=3395×1475×1725mm/ホイールベース=2440mm/エンジン=0.66リッター直3 DOHC12バルブ&ターボ/FF
 

■Tanto(タント)

2001年の東京モーターショーに出展された、フロント6ライトウィンドウを持つコンセプトカー「MUSE」の発展形で、おそらくは市販間近と思われるモデル。「とにかく広くて使いやすいクルマ」をコンセプトに、超ショートノーズ、垂直に切り立ったサイドとリア、および低いフロアがもたらした限りなく箱に近い。まるで電車のようなデザインで、室内長2000mm、室内高1330mmという、軽規格内では最大レベルの室内空間を確保した。
使い勝手のよさもセールスポイントで、大きなドアは約90度まで開き、子供を抱いたままの乗降やチャイルドシートの着脱も楽に行えるという。



 

パワーユニットは659cc直3 DOHCガソリンエンジンで、ターボ仕様も用意される。ちなみに車名のTantoは、「たくさん、どっさり」を意味する関西弁の副詞「たんと」に由来しているらしい。



 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る