【東京モーターショー2003プレビュー】ダイハツ・Tanto(タント)

2003.10.15 自動車ニュース
 

【東京モーターショー2003プレビュー】ダイハツ・Tanto(タント)

トヨタグループのダイハツは、市販間近と思しきモデルや、リッター60km(!)という超低燃費ハイブリッドカー、昔懐かしバギータイプの軽など、軽自動車を中心に出展する。親分トヨタは環境を、ダイハツは軽を(ついでにトヨタ系新ブランド「レクサス」はラクシャリーを)メインとし、役割を分担した格好だ。

【スペック】
全長×全幅×全高=3395×1475×1725mm/ホイールベース=2440mm/エンジン=0.66リッター直3 DOHC12バルブ&ターボ/FF
 

■Tanto(タント)

2001年の東京モーターショーに出展された、フロント6ライトウィンドウを持つコンセプトカー「MUSE」の発展形で、おそらくは市販間近と思われるモデル。「とにかく広くて使いやすいクルマ」をコンセプトに、超ショートノーズ、垂直に切り立ったサイドとリア、および低いフロアがもたらした限りなく箱に近い。まるで電車のようなデザインで、室内長2000mm、室内高1330mmという、軽規格内では最大レベルの室内空間を確保した。
使い勝手のよさもセールスポイントで、大きなドアは約90度まで開き、子供を抱いたままの乗降やチャイルドシートの着脱も楽に行えるという。



 

パワーユニットは659cc直3 DOHCガソリンエンジンで、ターボ仕様も用意される。ちなみに車名のTantoは、「たくさん、どっさり」を意味する関西弁の副詞「たんと」に由来しているらしい。



 

関連キーワード:
タントダイハツ東京モーターショー2003イベント自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ダイハツ・ミラ イースG“SA III”/ミラ イースL“SA III”【試乗記】 2017.6.12 試乗記 低価格・低燃費という、軽自動車の本質を徹底的に追求した「ダイハツ・ミラ イース」がフルモデルチェンジ。従来モデルやライバル車との比較をまじえつつ、「+αの魅力を追求した」という新型の実力を検証した。
  • ダイハツ・ムーヴ キャンバス徹底解説 2016.9.7 ムーヴ キャンバス Debut!<PR> 2016年9月7日にデビューした、ダイハツの新型軽自動車「ムーヴ キャンバス」。室内のあちこちに設けられた“使える収納”に、さまざまなシートアレンジ、そして17種類におよぶカラーバリエーションなど、“新感覚スタイルワゴン”の見どころを、写真とともに紹介する。
  • ダイハツ・ミラ イースX(FF/CVT)【試乗記】 2011.10.24 試乗記 ダイハツ・ミラ イースX(FF/CVT)
    ……99万5000円

    話題の新型軽「ダイハツ・ミラ イース」に試乗。自慢の燃費性能から走りまで、その実力をリポートする。
  • ダイハツ・ムーヴカスタムRS“ハイパーSA III”(FF/CVT)【試乗記】 2017.9.18 試乗記 この夏、現行モデルとなってから初のマイナーチェンジを受けた「ダイハツ・ムーヴ」。軽量・高剛性のボディー構造をいち早く採用し、走りを含む“基本性能のレベルアップ”をうたって登場したその実力は今も健在か? 最上級モデルの試乗を通して確かめた。
  • ダイハツ・ミラ イースG“SA III”/スズキ・アルトX(後編)【試乗記】 2017.8.9 試乗記 ダイハツとスズキのクルマづくりを具現したかのような「ダイハツ・ミラ イース」と「スズキ・アルト」。公道での比較試乗を通して両モデルのキャラクターの違いを浮き彫りにするとともに、これからの軽自動車開発のあり方について考えた。
ホームへ戻る