三菱「コルト」、一部改良

2003.10.15 自動車ニュース

三菱「コルト」、一部改良

三菱自動車は、コンパクトカー「コルト」を一部改良し、2003年10月8日に発売した。快適装備の追加設定や、パッケージの装備の見直しが主な内容。同時に、ナビゲーションシステムを装着した特別仕様車「コルトDVDナビエディション」もリリースした。

2002年11月に発売された“まじめまじめまじめ”な「コルト」では、ユーザーが自由に内外装や装備類を選べる「カスタマー・フリーチョイス」という販売方法を導入。そのなかでもメーカーが提案する推奨パッケージとして、「エレガンス」「カジュアル」「スポーツX」を用意していた。
今回の変更で、1.3、1.5リッター車ともに、この推奨パッケージの種類、内容が変わり、上質な「エレガンス」「エレガンス-X」、スポーティな「スポーツ」、ベーシックな「スタンダード」「カジュアル」の5種類となった。

さらに助手席シートを収納スペースとして活用できる「ユースフルシート」を、セパレートシート仕様にも採用。UV&ヒートプロテクトガラス、クリーンエアフィルターを一部グレードに標準装備したほか、アクセサリーボックスとオートライトコントロールをメーカーオプションに設定した。

ボディカラーは、廃止された「ディープピンクメタリック」に替わり「ミディアムオレンジメタリック」を設定、全10色のラインナップとした。
価格は「スタンダード」(FF)の104.3万円から「スポーツ」(4WD)の167.5万円まで。

同時にリリースされた特別仕様車「コルトDVDナビエディション」は、ベース車を1.3リッターの「カジュアル」(FF・4WD)とし、DVDナビゲーションシステムやUV&ヒートプロテクトガラス、マルチモードキーレスエントリーシステムなどを特別装備する。ボディカラーは全5色。価格はベース車の10.6万円高(4WDは16.6万円高)で、119.5万円(FF)と137.5万円(4WD)。

(webCG 本諏訪)

三菱自動車「コルト」:
http://www.mitsubishi-motors.co.jp/COLT/

 
三菱「コルト」、一部改良の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • 三菱コルトプラス スポーツ-X(CVT)/コルトプラス ラリーアート(CVT)【試乗記】 2004.11.27 試乗記 三菱コルトプラス スポーツ-X(CVT)/コルトプラス ラリーアート(CVT)
    ……185万3250円/191万1000円

    「コルト」の派生車種として当初から計画されていながら、「事件」のために投入時期が遅れてしまったユーティリティワゴンの「コルトプラス」。三菱の再生の行方を占う久々のニューモデルに『NAVI』編集委員鈴木真人が乗った。


  • 三菱コルト・ラリーアート Version-R(FF/5MT)【試乗記】 2006.10.24 試乗記 三菱コルト・ラリーアート Version-R(FF/5MT)
    ……230万4750円

    三菱のコンパクトカー「コルト」のスポーティグレードである「ラリーアート・バージョンR」MTモデルで、ホットハッチの鍛えられた走りを味わった。


  • 三菱コルト 1.3/1.5リッター(CVT/CVT)【試乗記】 2002.11.16 試乗記 三菱コルト 1.3/1.5リッター(CVT/CVT)

    2002年11月11日に発表された三菱のニューコンパクト“まじめまじめまじめ”コルト。スリーダイヤモンド入魂の最新モデルを、webCG記者が北海道は十勝で試乗した。


  • 三菱コルト カジュアルバージョン(CVT)【ブリーフテスト】 2003.9.10 試乗記 ……140.8万円
    総合評価……★★★

    三菱自動車の再建計画「ターンアラウンド」の第1弾「コルト」。日独まじめなコンパクトに、ラテンなコンパクトカーをマイカーにもつ、自動車ジャーナリストの森口将之が試乗した。


  • ホンダ・フリード+ ハイブリッドEX(FF/7AT)【試乗記】 2016.11.24 試乗記 ホンダの小型ミニバン「フリード」シリーズが2代目にモデルチェンジ。ハイブリッドシステムの刷新と新プラットフォームの採用により、その走りはどう変わったのか? 2列シート車の「フリード+」に試乗し、進化のほどを確かめた。
ホームへ戻る