【東京モーターショー2003プレビュー】トヨタ・CS&S(シーエス&エス)

2003.10.15 自動車ニュース
 

【東京モーターショー2003プレビュー】トヨタ・CS&S(シーエス&エス)

新型「プリウス」販売好調が伝えられるトヨタ。東京モーターショーでも「環境と感動」をテーマに掲げ、世界に誇るハイブリッド技術、燃料電池システムを披露。いよいよ日本上陸の高級ブランド「レクサス」、そしてコンパクトカーを担当するグループ企業、ダイハツとブースを隣接させ、会場の一角を占める。もちろん、グランプリシーンで奮戦中のトヨタF1「TF103」、トヨタ製V8ユニットで伝統のインディ500を制したIRLマシンなども展示される。

【スペック】
全長×全幅×全高=3940×1800×1120mm/ホイールベース=2550mm/エンジン=1.5リッター直4 DOHC+モーター/電気式4WD
 

■CS&S(シーエス&エス)

ハイブリッドシステムをミドシップに搭載、スポーツとエコロジー、そしてIT技術を融合させた2+2のオープンスポーツ。ハイブリッドシステムは、後輪を1.5リッターのガソリンエンジンとモーターで、前輪をモーターで駆動する4WDで、優れた環境性能とファン・トゥ・ドライブを高次元で両立。性能の開発目標値は最高速度205km/h、0-100km加速8.6秒、燃費(10・15モード想定)は1リッターあたり33kmという。



 

シャープなラインと柔らかな曲面のコントラストを意識した、親しみを感じさせるスタイリングのボディは、一見したところ2シーターだが、キャノピー状のシート後方のカウルをスライドさせるとリアシートが出現する2+2。
もうひとつの新機軸は、ナビやオーディオ、エアコンなどの操作系。インターフェースの映像をスクリーンに投影し、あたかも空間に浮かんでいるように表現される球体に触れることで操作する「スペースタッチ」を採用している。

(写真=田村弥)



 


 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。