【東京モーターショー2003プレビュー】スズキ・S-RIDE(エスライド)

2003.10.15 自動車ニュース
 

【東京モーターショー2003プレビュー】スズキ・S-RIDE(エスライド)

コンパクトカーを得意とするスズキは、「小さなクルマ、大きな未来」をテーマに、参考出品車9台を含む23台を展示する。
コンセプトカーは、次世代の軽自動車、WRC参戦が一部でウワサされるスポーティカー、そして提携先のゼネラルモーターズが開発した燃料電池システム搭載車など。世界ラリー選手権のサブカテゴリー「JWRC」で活躍中のラリーカー「イグニス」(日本名スイフト)も披露し、近年力を入れている“モータースポーツのスズキ”をアピールする。

【スペック】
全長×全幅×全高=3150×1400×1320mm/ホイールベース=2160mm/エンジン=0.66リッターDOHC/トランスミッション=CVT/MR
 

■S-RIDE(エスライド)

2輪の楽しさと4輪の実用性の融合、というスズキならではの発想から生まれた、都市内移動向けコミューター。軽ナンバー1のスズキが提案する、移動のための道具として使うだけでなく、楽しさを積極的に盛り込んだ、スケボー感覚の新世代軽自動車である。
アルミフレームとキャノピーで構成されるボディは全長3100mm、全幅1400mm、全高1300mm。まるで戦闘機のように、フロント、サイドウィンドウと一体化したコックピットハッチを開き、2人が前後して座る「タンデム2シーター」だ。



 

658ccのエンジンは後部のミドにマウント。CVT(無段変速機)を介し、後輪を駆動する。他車とのコミュニケーションや街の最新情報の取得など、テレマティクス技術を取り入れたところもポイントのひとつとされる。



 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。