クライスラー「クロスファイア」予約受付開始

2003.10.14 自動車ニュース
 

クライスラー「クロスファイア」予約受付開始

ダイムラークライスラー日本は、クライスラーの2シータークーペ「クロスファイア」の予約受付を、2003年10月10日から開始した。販売開始は12月13日から。

クライスラー・クロスファイア(6MT/5AT)【海外試乗記】
http://www.webcg.net/WEBCG/impressions/000013006.html
クライスラー・クロスファイア(6MT/5AT)【海外試乗記】
http://www.webcg.net/WEBCG/impressions/000013009.html


写真はすべて海外仕様
 

■米独合作のニューモデル

クライスラー「クロスファイア」は、1960年代のアメリカ車を思わせる、クラシカルなデザインの2座スポーティクーペ。2001年のデトロイトショーで話題となったコンセプトモデル「クロスファイア」の市販版だ。グループ会社であるメルセデスベンツの2シーターオープン「SLK」のコンポーネントを活用し、わずか2年で量産車を完成させた。クライスラーブランドだが、生産はドイツのカルマン社が行う、米独合作のニューモデルだ。
日本に導入されるのは、3.2リッターV6の5段AT仕様、右ハンドル。本国にラインナップする、6段MT仕様は導入されない。価格は、SLK320より80.0万円安い490.0万円である。日本で販売に苦戦するクライスラーは、スタイリッシュなスポーティモデルの投入で、拡販とブランドイメージの向上を図る。



 

ロングノーズ、ファストバックスタイルという、古典的なFRクーペのボディフォルムをもつクロスファイア。フロントサイドと、リアサイドのラインが、ボディサイドでクロスすることから、クロスファイアと名付けられた。バンパーからリアバンパーまで、ボディ中央を走るモールド「センタースパイン」などが特徴である。ボディサイズは、全長×全幅×全高=4059×1766×1305mmと、SLK(4010×1745×1280mm)より若干大きい。ホイールベースは変わらず、2400mmである。



 

インテリアは、濃淡2色のグレーを使ったツートーンで仕上げ。センターコンソールやシフトレバーなどに、センタースパインでアクセントがつけられる。イグニッションスイッチをセンターコンソールに配したり、各所にメタリックカラーのアクセントをつけ、スポーティな雰囲気を演出した。バケットタイプのシートはレザー張り。運転席が8Way、助手席は4Wayの電動調節機構や、シートヒーターが備わる。



 

エンジンは、SLK320と同じ、3.2リッターV6SOHC18バルブを搭載。出力特性も変わらず、218ps/5700rpmの最高出力と、31.6kgm/3000〜4600rpmの最大トルクを発生する。シーケンシャルモード「オートスティック」付きの5段ATを介して、後輪を駆動する。

サスペンションは、フロントがダブルウィッシュボーン、リアはマルチリンクでSLKと形式は同じ。前後とも、コイルスプリングとガス封入式ダンパー、スタビライザーを装着する。フロントが225/45R18、リアは255/35ZR19の大きなシューズにより、ドライ路面で1.0G以上のコーナリングフォースを発生するという。

安全装備として、前席エアバッグ&サイドエアバッグ、アシスト付きABS、ESPなどを標準装備。正規販売モデルは、新車登録時から3年間、または6万kmの保証つき。24時間のアシストサービス「24h FOR YOU」も、初年度登録から3年間、走行距離無制限で利用できる。

(webCGオオサワ)

クライスラージャパン:http://www.chrysler-japan.com/

関連記事
  • クライスラー・クロスファイア(5AT)【試乗記】 2004.1.29 試乗記 クライスラー・クロスファイア(5AT)
    ……490.0万円

    ダイムラーとクライスラーが合併した恩恵で(?)生まれた、「メルセデスベンツSLK」ベースのクライスラー車「クロスファイア」。自動車ジャーナリストの渡辺慎太郎は、“SLK風味”が濃いアメ車に乗って、あることに気が付いた。


  • クライスラー・クロスファイア(6MT/5AT)【海外試乗記】 2003.4.2 試乗記 クライスラー・クロスファイア(6MT/5AT)

    クライスラーのニューモデル「クロスファイア」は、メルセデスベンツのコンポーネントを39%使い、ドイツで生産される欧米合作モデル。自動車ジャーナリストの森口将之が、カリフォルニア州サンディエゴで開かれた国際プレス試乗会に参加した。


  • クライスラー・クロスファイアロードスター(5AT)【試乗記】 2005.1.24 試乗記 クライスラー・クロスファイアロードスター(5AT)
    ……540万7500円

    クライスラーとメルセデスの合作オープン2シーター「クロスファイアロードスター」。「メルセデスベンツSLK」が新世代となる中、先代「SLK」のコンポーネンツを使ったこのクルマの走りはどうなのか? webCG本諏訪裕幸が乗った。


  • クライスラー・クロスファイアロードスター(5AT)【海外試乗記】 2004.9.9 試乗記 クライスラー・クロスファイアロードスター(5AT)

    ダイムラーとクライスラーの血を受けた「クロスファイア」にオープンモデルが追加され、日本でも2004年9月4日に発売された。一足先に海外で試乗した、自動車ジャーナリストの森口将之は、なにを思ったか?


  • アバルト595コンペティツィオーネ(FF/5AT)【試乗記】 2017.4.26 試乗記 マイナーチェンジでデザインや装備が改められた、ホットハッチ「アバルト595コンペティツィオーネ」に試乗。「スポーツ性能を限界まで高めた」とうたわれる走りの質を、ワインディングロードで確かめた。
  • 日産ノートe-POWER NISMO(FF)【試乗記】 2017.4.19 試乗記 日産のコンパクトカー「ノート」のハイブリッドモデルをベースにNISMOが独自の改良を施したスポーツグレード「ノートe-POWER NISMO」。先進のシリーズハイブリッドシステムと、専用チューニングの足まわりが織り成す走りを試す。
  • キャデラックATS/CTS/CT6【試乗記】 2017.4.17 試乗記 キャデラックのセダンを乗り継いで、都内と群馬県を往復するツアーに参加。オールラインナップに一気乗りしたことでわかった、今のキャデラックセダンの実力とは? そしていまだ三分咲きの桜を眺め、リポーターは何を思う?
  • ルノー・メガーヌR.S. 273ファイナルエディション/メガーヌR.S. 273パックスポール 2017.4.6 画像・写真 市販FF車の最速記録を2度にわたって更新した、現行型「ルノー・メガーヌR.S.」の生産が終了。これを受けて、日本で2種類の限定車が発売された。両モデルのディテールを写真で紹介する。
  • 現行「メガーヌR.S.」のフィナーレを飾る限定車発売 2017.4.6 自動車ニュース ルノー・ジャポンは2017年4月6日、高性能スポーツモデル「ルノー・メガーヌ ルノー・スポール(R.S.)」の特別仕様車「メガーヌR.S. 273ファイナルエディション」を発表。同日、200台限定で発売した。
  • アウディRS 3セダン(4WD/7AT)/RS 3スポーツバック(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.4.3 試乗記 アウディの高性能ハッチバック「RS 3スポーツバック」がマイナーチェンジ。さらなるパワーアップを果たした最新型の走りを、新たに追加された4ドアモデル「RS 3セダン」と併せて、中東・オマーンでテストした。
ホームへ戻る