【スペック】全長×全幅×全高=4690×1825×1685mm/ホイールベース=2715mm/車重=1610kg/駆動方式=FF/2.4リッター直4DOHC16バルブ(160ps/5600rpm、22.5kgm/4000rpm)/車両本体価格=268.0万円(テスト車=320.0万円)

トヨタ・クルーガーV 2.4S 7人乗りGパッケージ(4AT)【ブリーフテスト】

トヨタ・クルーガーV 2.4S 7人乗り Gパッケージ(4AT) 2003.10.13 試乗記 ……320.2万円総合評価……★★★★2代目「ハリアー」の市場先行モデルとしてデビューした「クルーガーV」。北米ではレクサスブランドのハリアーと比較して、トヨタブランドのクルーガーVは、実用重視。『webCG』記者が乗った。

「レクサス? トヨタだろ!?」

「レクサスRX330」(邦名ハリアー)から、“趣味性”と“(ちょっと)豪華な感じ”を剥いで、四角いボディを与えたのが「トヨタ・クルーガー」(米名ハイランダー)。大きなドンガラで居住性高く、使い勝手よし。2003年8月28日にマイナーチェンジを受け、荷室フロアに埋め込める「格納式サードシート」まで備わった。従来の“庶民派ワイルド風SUV”ほか、今後はピープルムーバーとしての役割も期待される。
テスト車は、4気筒のFF(前輪駆動)モデル。ボンネットを開ければ、エンジンルームの底に沈む小さなエンジン。しかし動力性能は必要十分にして、足まわりもしっかり。高い視点も奏効して、ロング&ハイスピード・クルージングも苦にならない。姉妹車ハリアーより、若干、低い値付けも魅力。「レクサス? トヨタだろ!?」と言い切れるヒト向け。



【概要】どんなクルマ?

(シリーズ概要)
2000年11月24日にデビューした「ハリアー」の姉妹車。2代目ハリアーの、先行市場投入モデルともいえる。エンジンは3リッターV6(220ps)と2.4リッター直4(160ps)。トランスミッションは、前者5段AT、後者4段ATとなる。生活ヨンクたるビスカスカプリング式4WD車ほか、FF(前輪駆動)モデルが用意される。
2003年8月28日にマイナーチェンジを受け、床下収納式のサードシートを備える7人乗りモデルが追加された。
(グレード概要)
グレードは、マイチェン前にはスポーティ仕様として設定された「Sパッケージ」が、全車の標準仕様となった。7人乗りには(やや)豪華版「Gパッケージ」、2.4リッターモデルの5人乗りに限り、廉価版たる「Xパッケージ」がラインナップされる。
標準仕様とXパッケージの違いは、運転席がパワーシートになり、助手席下にトレイが備わること、など。

写真をクリックするとナビゲーションシステムのアップが見られます。

写真をクリックするとシートスライドが見られます。

写真をクリックするとシートが倒れるさまが見られます。

【車内&荷室空間】乗ってみると?

(インパネ+装備)……★★★
「木目調」ならぬ「石目調」パネルが独特な、クルーガーVのインストゥルメントパネル。意匠の新奇さとバランスを取るためか、色あいは黒に近いグレーでまとめられる。中央に速度計を置いた大きく見やすい3眼のオプティトロンメーター類。空調、音響関係のスイッチをシンプルに配したセンターコンソール。ステアリングホイールを握る手に近い位置に伸びるシフター。使い勝手に考慮して、全体にそつなくまとめられた。ATレバー左上に、12Vの電源ソケットあり。
前席左右間のトンネルコンソールには、フタ付きの浅深2種類の小物入れが用意される。さらにコンソール左右側面に大きく口が開けられ、左右席間の床にも物が置けるようになっている。ビックリ。
オプションの「DVDナビゲーションシステム」(31.2万円)は、初心者にとって、非常にわかりやすく、使いやすい。
(前席)……★★★
テスト車には、オプションの本革シート(15.0万円)が奢られる。レザーの“贅沢さ”というより、“汚れにくさ”“拭き取りやすさ”を意識させる実用シート。運転席側のみ8WAYのパワーシートで、腰を支える背もたれのなかのでっぱりも、電動で調整可能だ。左右シートとも肘かけつき。座り心地に不満はない。
(後席)……★★★★
四角いボディを活かして、広くとられた後席空間。膝前、頭上とも、スペースは充分。大きなサイドウィンドウのおかげで、開放感があるのもいい。左右各ドア内側に、2つずつのカップホルダーを備えるのに驚いていたら、大きなアームレストに、さらに2本分のホルダーが仕組まれていた! 清涼飲料水の飲み過ぎに注意。
3列目シートの乗員に考慮してか、前後のスライド量は大きい。6:4に分割して、個別に動かすこともできる。欠点は、なぜかセンターシートに、ヘッドレストが用意されないこと。
(3列目シート)……★★
普段は荷室の床として活躍(?)する埋め込み式サードシート。「サードシートがある」と言われなければ気づかない、完璧な偽装(??)がジマン。荷室から日常的に積まれているモノを降ろすことを除けば、シートを引き出すのは容易。シートバック中央上端のベルトを引くことで、じゃっかんのリクライニングが可能だ。
カラクリの完成度はともかく、乗降性は絶望的。スペースはミニマムで、膝をかかえる、いわゆる“体育ずわり”に近い姿勢を強いられる。2列目シートの乗員の好意に甘え、つまりシートを前方にスライドしてもらえば、コンパクトミニバン3列目なみの実用性は確保できる。しっかり頭の位置まで伸びるヘッドレストは立派。3点式シートベルトも備わる。ココにも、ちゃんと1人1個ずつのカップホルダーが用意される!
(荷室)……★★★★
状況によって、自在にラゲッジスペースを変えられるクルーガーV。床面最大幅142cm。奥行きは、サードシートを出した場合、収納したとき、そしてセカンドシートの背もたれを倒すことによって、30cm、100cm、2mまでと、大きく変えられる。パーセルシェルフまでの高さは40cm。ラゲッジネット用ホルダーあり。バックドアの裏には、小柄なヒトでも閉めやすいよう、手でひっぱるためのベルトが垂れる。サイドウォールに、12Vのアクセサリーソケットが設置される。

【ドライブフィール】運転すると?

(エンジン+トランスミッション)……★★★★
可変バルブタイミング機構「VVT-i」を搭載する2.4リッター直4エンジン。無愛想に回るエンジンだが、160ps、22.5kgmのスペック以上にトルキーで使いやすい。組み合わされる4段ATのしつけも抜群。クルーガーVには、3リッターV6もカタログに載るが、実用上は2.4でまったく問題ない。姉妹車ハリアーの2.4リッターモデルに山道で乗ったときには、力不足を感じたものだが……。
(乗り心地+ハンドリング)……★★★★
クルーガーVはマイナーチェンジにともない、「17インチホイール+スポーツチューンドサスペンション」のSパッケージが標準仕様となったが、テスト車は「16インチ+旧ノーマルサス」の足まわり。ソフトに過ぎる、もしくはロールが大きいかと心配したが、杞憂だった。
大らかな乗り心地をもち、コーナーでやんわり踏ん張り、乗員に不安を与えない。適度にバランスがとれたアシに好感。「Gパッケージ」に5人乗りが設定されないのが残念だ。

(写真=峰 昌宏)

【テストデータ】

報告者:webCGアオキ
テスト日:2003年9月30日
テスト車の形態:広報車
テスト車の年式:2003年型
テスト車の走行距離:2641km
タイヤ:(前)215/70R16 99S/(後)同じ(いずれもTOYO TRANPATH A11 M+S)
オプション装備:本革シート(15.0万円)/サイド&カーテンエアバッグ(6.0万円)/G-BOOK対応DVDナビゲーションシステム(31.2万円)
形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(4):高速道路(5):山岳路(1)
テスト距離:976.9km
使用燃料:122.6リッター
参考燃費:8.0km/リッター

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

クルーガーの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • トヨタFJクルーザー オフロードパッケージ(4WD/5AT)【試乗記】 2011.5.9 試乗記 トヨタFJクルーザー オフロードパッケージ(4WD/5AT)
    ……350万5850円

    ジャパンメイドの北米向けSUV「FJクルーザー」の評判がいい。なにが、そんなにイイのか!? モリケータはその“地盤”に注目した。
  • トヨタFJクルーザー カラーパッケージ(4WD/5AT)【試乗記】 2010.12.24 試乗記 トヨタFJクルーザー カラーパッケージ(4WD/5AT)
    ……353万1900円

    北米向けに開発されたトヨタの本格派オフローダー「FJクルーザー」が日本に導入。まずはどんなクルマなのかオンロードで試してみた。
  • トヨタ・ヴァンガード 2007.8.31 画像・写真 2007年8月30日に発売された、トヨタの新型SUV「ヴァンガード」の全貌を写真で紹介する。
  • ミドシップスポーツ「718ケイマン」を知る 2016.11.15 特集 2016年春に世界初公開されたポルシェの2シータースポーツ「718ケイマン」が、日本上陸を果たした。新たに開発された水平対向4気筒ターボエンジンや、一段と磨きのかけられた足まわり、こだわりの内外装は、どんな運転体験をもたらすのか。上級モデル「718ケイマンS」に試乗し、その実像に迫った。
  • トヨタ海外仕様車試乗会(後編)【試乗記】 2010.10.31 試乗記 先に、「マトリックス」や「アイゴ」などハッチバックを中心にリポートした「日本で買えないトヨタ」の試乗記。後編では、個性的な3台のSUVを紹介する。
ホームへ戻る