【スペック】全長×全幅×全高=4810×1780×1480mm/ホイールベース=2750mm/車重=1590kg/駆動方式=FF/2.5リッターV6DOHC24バルブ(177ps/6500rpm、24.5kgm/4000rpm)/車両本体価格=425.0万円(テスト車=同じ)(写真=高橋信宏)

ローバー75ツアラー(5AT)【ブリーフテスト】

ローバー75ツアラー(5AT) 2003.10.10 試乗記 ……425.0万円総合評価……★★★★日本市場へ再上陸を果たしたローバー&MG。メイン車種たる「75」には、かつてのサルーンに加え、ツアラーことワゴンもラインナップされた。『webCG』記者による報告。


スポーツカーが嫉妬する

いうまでもなく「ローバー75」のワゴン版。バックドアとは別に、リアウィンドウだけを開閉できる便利機構付き。エンジン、トランスミッションといった機関面はサルーンと同じながら、タイヤはワンランクアップの「225/45R17」。乗り心地はちょっぴり硬め。
……てなことより、ごく自然に伸びたルーフと、違和感ないリア部分、品よくまとめられたスタイリングが、75ツアラー最大のウリ。猫も杓子も、セダンもヨンクもトラックまでもが声高に“スポーティ”を主張する昨今、ドアハンドルほか随所に配されたメッキパーツ&モール類がエレガント。“中流の上”御用達ブランドも、いまや相対的に“典雅”な雰囲気。スポーツカーが嫉妬するのは、こういうワゴンでしょう。★ひとつは雰囲気代。



【概要】どんなクルマ?

(シリーズ概要)
ローバー75は、それまでの「600」シリーズを引き継ぐカタチで、1998年10月のバーミンガムショーで登場。BMW傘下で開発されたFF(前輪駆動)サルーンとして話題になった。が、ローバー部門の収支悪化のため、2000年春には、英国の投資家グループに売却された。その後、2001年にワゴンボディが加わる。本国では4気筒および2リッターV6もカタログに載るが、日本で販売されるのは2.5リッターV6のみ。
姉妹車に、「MG ZT」と「MT ZT-T」がある。
(グレード概要)
日本に入るローバー75は、「2.5リッターV6+5段AT」のペアだけとなる。ステアリングホイールの位置は右。全車レザー内装である。
テスト車のツアラーは、2001年のバーミンガムショーでデビューしたモデルだが、当時、わが国には輸入されなかった。機関面は、サルーンに同じ。ただしタイヤサイズが、サルーンの「215/55R16」から、ツアラーは「225/45R17」にグレードアップされる。



ローバー75ツアラー(5AT)【ブリーフテスト】の画像


ローバー75ツアラー(5AT)【ブリーフテスト】の画像
写真をクリックするとシートが倒れるさまが見られます。

写真をクリックするとシートが倒れるさまが見られます。

【車内&荷室空間】乗ってみると?

(インパネ+装備)……★★★★
ウッドパネルをふんだんに用いたインパネまわり、目におだやかなクリーム地のメーター類、そして随所に配されたメッキパーツと、ローバー75の室内は、むせかえらんばかりのブリティッシュテイスト。とはいえ、文法通りのインテリアが、しっかり居心地のよさを生んでいる。
大きなドアポケットはじめ、ダッシュボード右、左、シフター前の、柔らかく深さのある小物入れが使いやすい。趣味性のみならず、実用性も高い。センターコンソール上部のウッドのひさしは、そのまま引き出してコンソール部をカバーできそうだが、純然たるひさし。固定されている。デザイン上のアクセントか?
(前席)……★★★
英国車らしく、小ぶりなシート。座り心地はいい。左右とも8Wayのパワーシートで、さらに座面角度、ランバーサポート用に、2つのダイヤルが備わる。洒落たパイピングが施されたシートには、4種類のカラーバリエーションが用意される。
(後席)……★★★★
前席に勝るとも劣らぬ居住性が提供されるリアシート。着座位置はやや低め。クッションは豊かで、立ち気味のバックレストもイイ。膝前、頭上とも、じゅうぶんなスペースが確保される。
前席トンネルコンソール後端に、後席用エアコン吹き出し口あり。シートバック前縁中央には、2人分のカップホルダーが仕組まれる。荷室とキャビンを区切る引き出し式ネット「インテグラルネットカセットシステム」が標準で装備されるので、人員運搬および荷車として活用するオーナーも安心。背もたれは、分割可倒式。
(荷室)……★★★
ガラスハッチ単独で開閉できるリアゲートが便利。バンパーとフロアに段差がないのがいい。ラゲッジルームは、床面最大幅147cm、奥行き105cm、パーセルシェルフまでの高さは35cm。純粋な“物品運搬車”と見ると、控えめな大きさだが、リアシートは分割可倒式だし、肘かけ部分を貫くトランクスルーも備わるので、使い勝手はよさそう。
ダンパー付き(!)のフロアを上げれば、スペアタイヤと同居にはなるが、床下を補助スペースとして使うこともできる。



ローバー75ツアラー(5AT)【ブリーフテスト】の画像
(写真=高橋信宏)

(写真=高橋信宏)

【ドライブフィール】運転すると?

(エンジン+トランスミッション)……★★
1998年のデビュー当時は“プレミアム”モノだった5段ATだが、5年後のいまでは、相対的に神通力が弱まった。ストップ&ゴーの激しい都内で乗ると、赤信号の前で、シフトダウンの手際が悪いと感じるときがある。
組み合わされるパワーソースは、「800シリーズ」から受け継いだ90度V6「KV6」ユニット。マルチシリンダーながら、華はない。177psと24.5kgmのアウトプットは、適度な余裕。ただし、街なかドライブでは、2000rpm前後で唸る癖がある。75ツアラーの動力関係はフェアなものだけれど、クルマのルックスほど魅力的なものではない。
(乗り心地+ハンドリング)……★★★
ほどほどの乗り心地。まあまあのハンドリング。頑強とはいいかねるボディの剛性感。75ツアラーのドライブフィールは、これまた見かけほど印象に残るものではない。
フロントがマクファーソンストラット、リアにマルチリンクを奢ったBMWゆずりのアシまわりは、少々荒れた道でも、破綻なく路面を捉え続ける。全体に穏やかな性格で(特徴がない、とも言える)絶対的には不満ないのだが、優雅な内外観ゆえ、ステアリングホイールを握るにあたっての期待値が高すぎる……?

(写真=高橋信宏、清水健太)

【テストデータ】

報告者:webCGアオキ
テスト日:2003年9月25日
テスト車の形態:広報車
テスト車の年式:2003年型
テスト車の走行距離:1806km
タイヤ:(前)225/45ZR17 90W(後)同じ(いずれもDunlop SP Sport3000)
オプション装備:−−
形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(4):高速道路(5):山岳路(1)
テスト距離:293.5km
使用燃料:43.5リッター
参考燃費:6.7km/リッター

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • ローバー75サルーン(5AT)【試乗記】 2003.11.22 試乗記 ローバー75サルーン(5AT)
    ……398.0万円

    ラインナップを増やして、日本への再上陸を果たしたローバー&MG。『Car Graphic』誌の長期リポート車として、2年をともにした『webCG』エグゼクティブディレクター大川 悠が、久々にステアリングホイールを握って……。


  • ローバー75サルーン2.5 V6コニサーSE/75ツアラー2.5 V6コニサーSE(5AT/5AT)【試乗記】 2004.9.4 試乗記 ローバー75サルーン2.5 V6コニサーSE/75ツアラー2.5 V6コニサーSE(5AT/5AT)
    ……498.0万円/520.0万円

    昨2003年の夏から、日本への再上陸を果たしたローバー(&MG)。日本での売れ筋モデル「75サルーン」と「75ツアラー」がフェイスリフトを受けた。『webCG』コンテンツエディターのアオキが報告する。


  • アウディR8スパイダー 5.2 FSIクワトロ(4WD/7AT)【海外試乗記】 2016.11.30 試乗記 アウディの新型「R8スパイダー」に試乗。アルミとカーボンからなる最新世代の骨格を備えた540psのスーパースパイダーは、より快適に進化しただけでなく、乗り手の魂を激しく揺さぶる官能性をも手にしていた。
  • トヨタ、「マークX」をマイナーチェンジ 2016.11.22 自動車ニュース トヨタ自動車は2016年11月22日、FRセダン「マークX」にマイナーチェンジを実施し、販売を開始した。“洗練された格好良さと遊び心を両立した大人のスポーティセダン”をテーマとして、フロントを中心にデザインが一新されている。
  • アウディS4(8AT/4WD)【試乗記】 2016.11.25 試乗記 アウディA4」の高性能バージョンである「S4」が登場。最高出力354ps、0-100km/h加速4.7秒をマークする、最新スポーツセダンの実力とは? 艶(あで)やかなミサノレッドに身を包んだプレミアムな一台に試乗した。
ホームへ戻る