日産「プレジデント」フルモデルチェンジ

2003.10.09 自動車ニュース
 

日産「プレジデント」フルモデルチェンジ

日産自動車は、高級サルーン「プレジデント」をフルモデルチェンジし、2003年10月7日に発売した。



 

■復活した「プレジデント」

「プレジデント」は、1965年10月に日産の頂点に立つプレステージカーとしてデビュー。以後10年から20年の長いモデルサイクルを経て、3代目が1990年10月に発売。しかし、2002年8月には生産が中止。およそ1年となる空白期間の後、4代目の登場となった。

デザインは現行「シーマ」顔だが、「プレジデント」の伝統を引き継ぐ縦基調のグリルを持つ。ホイールベース2870mm(先代比-160)、全長5060(同-165)×全幅1845(同+15)×全高1500mm(同+75)のボディサイズは、先代と比べると小ぶりとなり、シーマより少し長い程度。
エンジンは4.5リッターV8(280ps/6000rpm、46.0kgm/3600rpm)を搭載。マニュアルモード付の5段ATが組み合わせられる。


前方に格納される助手席
 

■“やすらぎ”の後席

今回のモデルチェンジでは、「やすらぎの移動空間を備えた、モダンかつフォーマルな最高級サルーン」を商品コンセプトとし、後席機能を充実。ショーファードリブンカー要素を拡充した。
そのひとつは「4人乗り」に標準装備される、前方格納タイプの助手席。左後席に広い足元スペースが確保でき、オプションとなるフロアーカーペットの採用で、シートレールとの段差も無くなるという。

さらに、各種コントロールスイッチを配した多機能大型センターコンソールや、A4サイズのノートパソコンが置ける格納式テーブルを後席に備え、天井には格納式8インチワイドモニターも標準装備(「4人乗り」)。
その他、安全装備の車間自動制御システムや、BOSEサウンドシステム、オートトランク開閉機構が全車標準採用される。

グレードは「ソブリン」のみ。価格は、後席の機能が充実した「4人乗り」が900.0万円、「5人乗り」が800.0万円。年間販売目標を240台とする。

(webCG 本諏訪)

日産自動車「プレジデント」:http://www.nissan.co.jp/PRESIDENT/

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

プレジデントの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 日産ティアナXV(FF/CVT)【試乗記】 2014.3.5 試乗記 日産の世界戦略車のひとつである「ティアナ」が3代目にバトンタッチ。初代から続く、上質感や快適性はどのように継承されたのかをチェックした。
  • 日産ティアナ(後編) 2014.1.20 画像・写真 3代目となる新型「日産ティアナ」の詳細な姿を、写真で紹介する。
  • 日産シルフィ G(FF/CVT)【試乗記】 2013.3.6 試乗記 日産シルフィ G(FF/CVT)
    ……238万9800円

    日本におけるコアターゲットは「60代の、妻とふたり暮らしの男性」。長年セダンを乗り継いできた熱心なオーナーへ向け、日産がささげる「アガリの一台」は、どのようなクルマに仕上がっているのか。
  • 日産ティアナにカーナビ標準装備の新グレード 2016.4.4 自動車ニュース 日産の4ドアセダン「ティアナ」に、純正カーナビゲーションシステムを標準装備した新グレード「XVナビAVMパッケージ」「XLナビAVMパッケージ」が登場した。これにともない、ナビ非装着の上級グレード「XV」は廃止となった。
  • 日産ノートe-POWER X(FF)【試乗記】 2016.11.21 試乗記 外部充電機能を持たないシリーズハイブリッド車ながら、静かで加速のよい“EV風味”を持つ「日産ノートe-POWER」。200万円を切る手ごろな価格で実現した“ワンペダルドライビング”がもたらす走りとは? 中間グレードの「e-POWER X」に試乗した。 
ホームへ戻る