マツダ「MPV」を一部改良

2003.10.08 自動車ニュース
 

マツダ「MPV」を一部改良

マツダは、3列シートミニバン「MPV」を一部改良。内外装の変更に加え、グレードの再編などを行い、2003年10月7日から販売を開始した。


MPV エアロリミックス
 

■2つの外観

今回の一部改良では、エクステリアを“スポーティタイプ”と“ヨーロピアンテイスト”の2種類に大別してリフレッシュを図った。
スポーティタイプの「VS」「エアロリミックス」「スポーツ」には、スポーツエアロバンパー、スポイラーなどのエアロパーツや、大径エキゾーストパイプを採用。「エアロリミックス」のみ、ローダウンサスを装着する。
ヨーロピアンテイストに分類される「G」と「B」グレードは、ノーマルタイプの外観。アルミホイールをリムレスデザインに変更し、タイヤサイズを大きく見せる演出が施された。

インテリアは、内装色を変更。エアロリミックッスとBグレードがブラック、VS、スポーツ、Gグレードはベージュを採用した。インパネ/ドアトリムは、装飾パネルの面積を拡大。グレードにより、木目、シルバーカーボン、ブラック(内装色)となる。機能面では、セカンドシートの「KARAKURIシステム」、つまりシートアレンジを改良。両席とも左右スライド機構を備え(従来は助手席側のみ)たことに加え、後方へのスライド量を60mm増やした。リアヒーター吹き出し口の位置と形状を改め、快適性を高めたという。


MPV エアロリミックスの内装
 

■機関類も改良

機関類も改良を受けた。トランスミッションは、2.3リッターFFモデルに新しい4段ATを採用。ロックアップ制御や小型軽量化などにより、10・15モード燃費は11.6km/リッターを達成した。3リッターV6に組み合わされる5段ATは、5速を積極的に使うシフトパターンに変更し、静粛性が高まったという。エンジンに変更はないが、2.3リッターFFモデルが「超-低排出ガス」車認定を受けた。

ほかに、スポーティグレード(「VS」「エアロリミックス」「スポーツ」)のリアブレーキに、15インチベンチレーテッドディスクを新採用。合わせて、サスペンションを強化した。メーカーオプションのバックモニターに、予測軌道の表示と音声ガイドによる、縦列駐車支援システムが追加されたことも新しい。

価格は、従来と較べて最高で15.2万円高い、210.0万円から310.0万円まで。

(webCG 本諏訪)

マツダ「MPV」:
http://www.mpv.mazda.co.jp/

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • マツダMPV 23C(FF/4AT)/23Cスポーティパッケージ(FF/4AT)【試乗記】 2006.3.2 試乗記 マツダMPV 23C(FF/4AT)/23Cスポーティパッケージ(FF/4AT)
    ……344万6500円/368万8000円

    マルチパーパスヴィークル(MPV)をそのまま車名にした、このセグメントの草分け的存在の「マツダMPV」がフルモデルチェンジ。スポーティなミニバンという差別化を図った新型だが、リポーターは意外なところに注目することになった。


  • マツダMPV Sports 2.3リッター/3リッター(4AT/5AT)【試乗記】 2002.5.15 試乗記 マツダMPV Sports 2.3リッター/3リッター(4AT/5AT)
    ……308.8/329.3万円

    “バタ臭い”というか、どうも違和感を禁じ得ないマツダのTVコマーシャル。指を鳴らしながらジャジーに(?)歌ったり、車内でダンスのステップを踏んだり、「なんかズレてない?」と日頃感じているwebCG記者が、ビッグマイナーチェンジを受けたMPVに乗りに行った。


  • スバル・インプレッサG4 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.21 試乗記 新型「スバル・インプレッサ」のセダンモデル「G4」に試乗。販売の主力となっているハッチバックモデルではなく、あえてマイナーなセダンを選ぶ理由はあるのか? 2リッターエンジン+18インチアルミホイールの上級グレードで検証した。
  • シトロエン・グランドC4ピカソ フィールBlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.3.20 試乗記 シトロエンの7人乗りミニバン「グランドC4ピカソ」に、“シリーズ最大のハイライト”とアピールされるディーゼルエンジン搭載モデルが登場。自慢の走行性能や、このクルマならではの使い勝手をじっくりとチェックした。
  • ジープ・グランドチェロキー サミット(4WD/8AT)【試乗記】 2016.5.27 試乗記 ジープブランドの最上級モデルとして、ダイムラーとの協業によって誕生した現行型「グランドチェロキー」。5.7リッターV8エンジンを搭載した上級グレード「サミット」の走りを試すとともに、高級SUVとしての“お買い得度”を検証した。
ホームへ戻る