本山、鈴鹿でジョーダンF1をテスト

2003.10.08 自動車ニュース

本山、鈴鹿でジョーダンF1をテスト

全日本選手権フォーミュラニッポンで2度チャンピオンを獲得し、今年もランキングトップについている本山哲が、F1最終戦日本GPの初日にジョーダンのF1マシンをドライブすることが、2003年10月6日に明らかになった。

本山が参加するのは、「テストの日数制限を受けるかわり、金曜日に2時間余分に走れる」という、今年からのルールに則って行われる“金曜テスト”。チームはジョーダンのほか、ルノー、ジャガー、ミナルディが名を連ねている。

10月10日朝8時半から、走りなれた鈴鹿をGPマシンで走ることになる本山は、「僕自身の夢であったF1のステアリングを握れるチャンスをくれたチームに感謝したいです。F1マシンをドライブすることを喜ぶだけでなく、これをいいステップに今後につなげていきたい」と語った。

(webCG 有吉)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。